1. 料理
    2. 製菓用洋酒の選び方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    製菓用洋酒の選び方

    製菓用洋酒にはいろいろな種類があって、迷ってしまいますね。ここでは、その中で代表的なラム酒とブランデーの選び方・使い方などを説明します。

    役割

    製菓用リキュールや洋酒には、次のような働きがあります。ラム酒、ブランデーも同様です。

    • 風味をつける
    • 甘さを引き立てる
    • 粉っぽさを和らげ、しっとりとした食感にする
    • 保存性をよくする

    お勧めのお菓子

    ラム酒

    • バタークリームのレーズンサンド
    • シフォンケーキ

    ブランデー

    • チョコレートケーキ
    • モンブラン

    選び方

    ラム酒

    ラム酒は、サトウキビから作った蒸留酒です。琥珀色のダークラムと、透明なホワイトラムがあります。当然のごとく、素材に色をつけたい場合はダークラム、つけたくない場合はホワイトラムを選びます。

    酒屋さんに行くと、それら両方が売っています。写真に掲げたのは、代表的なカリブ海原産のダークラムです。

    ブランデー

    ブランデーは、ブドウから作った蒸留酒です。あまり違いはありませんが、やはり、フランス産のものが風味やコクがあります。

    使い方

    どちらも、薄力粉やベーキングパウダーを混ぜたあとに、少しずつ足していきます。目安としては、薄力粉100gに対して、ブランデー大さじ1杯です。

    ラム酒はブランデーよりも甘い香りが強いので、2〜3割少なめにします。

    注意点

    まず肝心なのは、あまり入れすぎないことです。入れすぎると、苦味が出てしまうからです。量は、上に書いたのを目安にします。

    2種類以上を混ぜないこと。混ぜれば風味豊かになるわけはなく、味を打ち消しあってしまう恐れがあります。ブランデーならブランデーと、テーマは1つに決めましょう。

    おわりに

    これらを実践しても、うまく行かないことがあります。オーブンの設定温度と実際が違っていたり、季節や湿度によっても味は微妙に変わるからです。

    ぜひ、あなたにとってのベストマッチングを探してみて下さい。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ