\ フォローしてね /

ゼッケンの楽な縫い付け方

子供の体操服など、ゼッケンはよく縫うことが多いです。何度も縫ってきて、一番ラクだと感じたゼッケンの縫い方をご紹介します。

ズボンのゴムひもの交換方法など、その他のハウツーはこちら!裁縫のやり方まとめ

必要な布と糸の量

布は、白い綿生地で20×14センチのものを2枚用意します。但し、これは前後につける場合です。つけた時の寸法は、18×12センチになります。

学校によって、ゼッケンの大きさは指定されている場合があります。確認されることをお薦め致します。

白い木綿糸を用意します。1枚のゼッケンをつけるのに、3度糸を変えました。1度あたりは70センチ糸を使いましたので、合計、21センチになります。それを二枚つける場合は、42センチ必要になります。

具体的な縫い方

STEP1

まず、ゼッケンの周囲をあらかじめ縫うか、もしくは端を折ってアイロンがけをします。この写真では周囲を縫っていますが、アイロンがけの方が楽だと思います。綺麗にも仕上がります。

STEP2

糸は二重にして使います。何度も洗濯をしますので、二重の糸にしておかないと、糸が切れて取れてしまう可能性があるからです。

STEP3

ゼッケンの角をマチ針で止めます。この時、ゼッケンの位置が傾いてないか、高さはちょうど真ん中ぐらいにくるか、よく確認しましょう。

STEP4

まつり縫いで縫っていきます。これが一番きれいに目立たず縫うことが出来る方法だと思います。この時、裏の布まで縫わないように気をつけましょう。意外と縫ってしまうので、厚紙か何か挟んでおいた方がいいと思います。

STEP5

ぐるりと縫い付けて、マチ針を外し、完成です。

きれいに縫うコツ

端を折ってアイロンをかけること、まつり縫いをすることが、きれいに縫うコツだと思います。また、名前を書くのはゼッケンを縫いつける前にしましょう。

ゼッケンにマジックで名前を書く時、チョークを塗り付けてから書くと、洗濯した時に滲みにくくなります。

おわりに

ゼッケンづけは何度もやってきます。筆者は裁縫が苦手なので、こんな写真ばかりですが、この記事が、同じようにゼッケンづけに苦労しておられる方のお役に立てますことを願っております。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。