\ フォローしてね /

家でもおいしい缶ビールを飲むコツ

はじめに

お店で飲むビールと、家の冷蔵庫からとってきたビールはなんか違う…まして、同じ缶ビールでもお祭りなどの屋台で買ったビールの方がおいしいかも…なんて感じた事はないでしょうか?

雰囲気までは再現できませんが、ビールに一工夫するだけで、いつものビールがよりおいしく楽しめます!その方法を紹介します。

家のビールをおいしく飲む方法!

1.ビールをおいしく飲む方法

ビールをおいしく飲む方法!!それは氷水を入れたボールにビールをつけておくだけです。

できれば、グラスは、冷凍庫に入れておき、こちらもキンキンに冷やしておきましょう。あまりにも簡単ですが、簡単な割にいつものビールが劇的に変化します!

2.家のビールと、屋台のビール

お祭りetcの屋台で買ったの缶ビールって、同じ缶ビールなのに、なぜかおいしく感じた事ってありませんか?もちろん、お祭りの雰囲気だからおいしいというのはありますが、もう一つ違うところがあります。

それは、ビールの温度です!お祭りの屋台を思い出してください。ビールは冷蔵庫ではなく、氷水の中に浸かっていませんでしたか?

氷水の温度は言うまでもなく0℃、それに対して、冷蔵庫の温度は3~5℃、ドアポケットに至っては6~9℃。意外と高いですね。

この数℃の違いが、飲んだときの飲み応えに直接影響してきます!

3.氷水を用意するのはめんどくさい…

「簡単とはいっても、氷水を用意するのはめんどくさい…」そんなときは、冷蔵庫の入れる場所を変えてみましょう。

冷蔵庫内の温度ですが、だいたい
ドアポケット・・6~9℃
冷蔵室・・・・・3~5℃
野菜室・・・・・5~7℃
パーシャル室・・-3℃
氷温室・・・・・-1℃
チルド室・・・・0℃
の様に分かれているようです。

ちょっと狭いかもしれませんが、ドアポケットに入っているビールをチルド室に移すことで、より冷たいビールを簡単に味わう事ができます!

逆に、スペースがあるからといって、ドアポケットや野菜室に入れていると、キンキンにはならないので気をつけてください。

冷蔵庫の設定によっては、チルド室でも氷が張ってしまう場合があります。チルド室に氷が張っていないかを確かめ、凍らないよう注意して行ってください。

おわりに

冷えるのにちょっと待つので、その時間でお風呂にゆっくり入って、上がった後に、キンキンに冷えたビールを飲むなんてどうでしょうか?

簡単だけどちょっとめんどくさい気もしますが、一度氷水で冷やしてみてください!同じ缶ビールなのに、いつもとは全然違うので、驚くと思います。

(photo by http://free.foto.ne.jp/free/product_info.php/cPath/169_185_236/products_id/401392)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。