1. 料理
    2. レンチン3分!すご旨『椎茸の鶏ひき肉詰め』の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    レンチン3分!すご旨『椎茸の鶏ひき肉詰め』の作り方

    椎茸の旬は春先と秋と言いますが、今では年中手に入る定番のキノコですよね!

    数ある椎茸料理の中でも、特に人気の高い“肉詰め”。

    我が家でもよく作っていましたが、元々豚ひき肉を使い、フライパンに油を敷き焼いていたので、ちょっとクドさが気になる事も・・・

    何とかして大好きな肉詰めをサッパリいただきたい!という執念の元、生まれたのが、この“レンチン鶏ひき肉詰め”です。

    材料 (2人分)

    • 椎茸・・・8個
    • 片栗粉・・・小さじ1
    • 海老・・・50g
    • 長ネギ・・・10cm×2
    • 鶏胸ひき肉・・・150g
    • ☆味覇(または中華だし)・・・小さじ1
    • ☆紹興酒(または酒)・・・小さじ1
    • ☆塩・・・少々

    椎茸の鶏ひき肉詰めの作り方

    STEP1:

    椎茸の石突きを切り、ジクの根元に包丁を入れ取ります。

    STEP2:

    海老・長ネギ・STEP1で取り除いたジクをみじん切りにします。

    STEP3:

    片栗粉を椎茸のカサに塗りつけていきます。

    STEP4:

    鶏ひき肉・☆印の調味料・STEP2でみじん切りにした材料をボウルに入れよく混ぜます。

    STEP3で余った片栗粉があれば、一緒に混ぜてしまいましょう!

    STEP5:

    椎茸にSTEP4の肉だねを塗りつけるように詰めて行きます。

    小さなスプーンで少しずつ詰めて行くとキレイにできます。また、多少こんもりするくらい盛っていくと仕上がりの見た目も良いです。

    STEP6:

    肉詰め後はこんな感じです☆海老に余りがあるようなら、上にちょこんとトッピングしてしまいましょう!

    STEP7:

    出来た肉詰めをレンジOKの皿に置き、ふんわりとラップしていよいよレンジでチン!600wで3分30秒程過熱します。

    STEP7:

    レンジから取り出し、熱の通り具合を確認します。楊枝を刺してみて生肉が付いて来なければOK!試しに一つを半分に切ってみて中の状態を確認するのもよいですね♪まだ火の通りが十分でない場合は、数十秒再加熱しましょう!

    因みに、断面図はこんな感じです・・・

    ちゃんと火が通っているようですね!

    完成!

    お皿に盛りつけて出来上がりです!

    下味は付いていますが、酢醤油+からし等を添えてもOK!

    おわりに

    肉だねが余ってしまった時は、冷凍保存も出来ますし、汁ものの肉団子としても使えます!

    チンして良し!煮て良し!焼いて良し!なので一度にまとめて作って冷凍し、常備保存しておくのも便利です!

    ぜひお試しくださいね!

    (Photos by 著者)

    このライフレシピを書いた人