\ フォローしてね /

ビオワインを楽しむための知識

ここ最近一気に注目を浴びているビオワイン。今回はビオワインの知識や魅力についてご紹介いたします。

ビオワインとは?

エコロジーや自然農法が注目されて久しい昨今、今や地球(自然)にも体にも優しい生活が多くの人の間で常識となっているような気がします。ビオワインもまたそのような考えに沿っており、ビオディナミワイン、などの呼ばれ方をしますが、いわゆる自然派ワインのことです。

しかし、このビオワインは特に一般的な法律に従って認められているものではなく、様々な解釈があり、これと言って定義づけられるものではありません。ただ、有機農法で栽培される、生産者が機会ではなく手摘みによる収穫をしている、添加物は入れていないかなるべく少量に抑えているなど、自然に沿った作り方をしているワインだと考えていただければいいと思います。

作り手によっては、牛の角を埋める等、古来の天文学を用いた作り方をする生産者もいるそうです。
ワインには酸化防腐剤が入っているから体に悪い、といった意見を聞くことがありますが、酸化防腐剤を入れることはワインを製造する上で当然のことだという認識で理解していただければ嬉しいです。

ビオワインの魅力

体にしみるような、優しい味わい

ビオワインはたいていろ過されておらず、少し濁ったような外観をしていることが多いですが、逆に体に優しい、素朴でまろやかな味わいのワインです。飲んでいて疲れず、ほっとするようなワインが多いです。

作り手の愛が感じられる

もちろんワインの作り手は皆ポリシーや愛を持ってワイン作りをしていますが、その中でもとりわけビオワインは手間のかかる分、より作り手の愛を感じると著者は思います。

売り上げのため、お金のためと言うよりも、いかに自分が満足できるワインを作るかと自分の哲学に沿ってワインを作っている生産者が多い気がします。

おわりに

いかがでしたでしょうか。ビオワインを召し上がる際に、ぜひお役に立てれば嬉しいです。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/09/12-369785.php

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。