\ フォローしてね /

スイーツの名わき役!製菓用洋酒の使い方

お菓子づくり大好きな筆者が、製菓用洋酒の使い方について、書いていきたいと思います。

製菓で洋酒やリキュールはどのような役割をするものか

香りづけはもちろんですが、味にも大きく作用してきます。高級感がでるということも、ポイントだと思います。

どんなスイーツには、どんなものがあっているか

焼き菓子・シフォンケーキ

マフィンなどには、ラム酒があっていると思います。もちろん、プレーンの場合に限りますが、ラム酒の風味がきいて、とてもおいしくなります。

マフィンには、ラム酒にひたしたレーズンをいれることも、お薦めです。

いちごのショートケーキ

さくらんぼの蒸留酒であるキルシュを使います。フルーツをつかったケーキには、とくにお薦めです。

シュークリーム

カスタードクリームにですが、ラム酒をいれます。卵や牛乳の匂いが消えますので、とてもお薦めです。

ティラミス

これもラム酒があっていると思います。大人の香りがよく似合います。

フルーツをのせないショートケーキ

コアントローを使います。オレンジの香りがします。上品な甘みがあって、筆者はとても好きです。

使うときに注意すること

どれも入れすぎないことです。あまり入れると香りが強くなりすぎますし、味もきつくなります。あくまで、主役はスイーツです。

リキュールは、スイーツの引立て役なので、例えば、ホールケーキに対して、大匙1ぐらいが目安にされることを、お薦めいたします。

おわりに

スイーツづくりはとても楽しいです。そんな時、いいリキュールを使うと、つくっている最中も甘い香りがして、楽しさ倍増になります。この記事が、お菓子づくりを楽しまれる方のお役にたてますことを、願っております。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。