\ フォローしてね /

ベッドでできる猫背対策!簡単なストレッチ方法

このライフレシピのもくじたたむ

PCやデスクワークなど、生活習慣による猫背が気になっている方は多いですよね。猫背対策には、骨盤の位置に意識を向けることが大切です。

ヨガ講師の経験から、猫背の対策に役立つ簡単なストレッチを紹介します。

ストレッチの手順

1:四つん這い

手は肩幅、膝は骨盤幅にして四つん這いになります。膝は腰の真下、手首と肘と肩は一直線。目線は床。つま先は立てておきます。

四つん這いになったとき膝に痛みを感じる方は、ブランケットや薄い座布団などを膝の下に敷きましょう。

2:牛のポーズ

ゆったりと息を吸いながら、胸を天井に向かって開くように、肩を落とし首を長くします。骨盤を前傾させて座骨を高くつきあげ、腰を反らせます。頭を持ち上げて、目線は上。

3:猫のポーズ

長く細く息を吐きながら、おなかをへこませて背骨を丸め、肩を広げて頭を落とします。骨盤を後傾させて、座骨をたくしこむイメージ。目線はおへそです。

牛と猫のポーズを、呼吸に合わせて交互に5〜10セット行います。

このストレッチが猫背対策におすすめな理由

牛と猫のポーズは、肩、背、腰、骨盤周辺の筋肉を刺激するストレッチです。背中や首肩周辺のコリだけでなく、骨盤の動きを意識しやすいポーズでもあります。

猫背対策のためには背筋を伸ばすことを考えがちですが、実は骨盤の位置がとても重要なのです。猫のポーズのように、骨盤が後傾(背骨側が後ろに傾いている位置)していると、脊柱はまっすぐ伸びることができず、丸まってしまいます。

写真は、骨盤を後傾させたため、背中が丸くなり肩が前方に落ちています。目線を前にすると、アゴが上がった状態になってしまいます。

骨盤をまっすぐにして、座骨が床に垂直になっている下の写真と比べてみましょう。

座骨とは座った際に骨盤の骨の中で最下部に位置し、おしりの丸みに当たる部分です。

背筋が自然に伸びて、ウエストのラインもすっきりして見えます。

おわりに

猫背は楽なようでいて、実は体にとても負担のかかる姿勢です。気になっている方は、ストレッチをしながら自分の骨盤の位置を観察してみてください。続けているうち、きっと日々の生活の中でも、意識が向くようになると思いますよ。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。