\ フォローしてね /

高額ご祝儀をいただいた場合の結婚内祝いの贈り方

結婚祝いのお返しとしての内祝い。昨今はご本人が好きなものを選べるカタログギフトが人気のようです。筆者も内祝いにはカタログギフトを選びました。結婚式の祝儀の相場ありますが、高額のご祝儀に関しては、以下のように、ケース別に対応をしました。

結婚内祝いについてもっと知りたい方はこちら!
内祝いのマナー・選び方などがわかる結婚内祝いのハウツーまとめ

内祝いの選び方のポイント

ポイント1: 目上の方の場合

お世話になっている目上の方からいただいたご祝儀が10万円でした。その方はワインが趣味なので、1万5千円のワインを2本包み、新婚旅行のお土産を持って後日ご挨拶に伺いました。

目上の方へ半返しは可愛げがなく、返って失礼です。お返しはいただいた額の1/4〜1/3程度にしておきます。

ポイント2: 親族(祖父母、伯父母、叔父母)の場合

家族関係にもよりますが、一般には、ご祝儀が高額だったとしても、目上の親族はお返しを期待しないもの。披露宴をする場合、内祝いとして引き出物を用意していれば、基本的にはそれ以上のお返しをする必要はありません。

親族間は、ある程度の相場で互いにやりとりされることが多いです。例えば叔父様から10万円のご祝儀をいただけば、従妹の結婚式ではあなたの両親が同じ額を包むことになります。いただいた金額が段違いに高額な場合は、ご両親に相談するのがベストです。

ポイント3: 兄弟姉妹の場合

筆者は祝儀の額に関して姉弟間で事前に相談をしてあり、それぞれ結婚したときには10万円の祝儀を贈り合いました。親しい間柄なので、内祝いには欲しいものを直接聞き、姉にはちょっと贅沢な化粧品セット、弟夫妻には掃除機を贈りました。

親しい間柄であれば、欲しいものを直接聞くのも効率が良い方法。

ポイント4: 100万円のご祝儀をいただいた場合

祖父母が100万円のご祝儀を用意してくれました。ポイント2で述べたように、必ずしもお返しをする必要はないのですが、夫も気兼ねしたので、なにか気持ちの伝わるお返しを、と考えました。

一緒に温泉旅行に連れて行くプランを考えていましたが、祖父母も高齢で、長旅は返って疲れさせてしまいそうでした。そこで、千疋屋総本店のフルーツ頒布会1年分を申し込みました。家にいながら高級フルーツが毎月届くので楽しみだと、喜んでもらえました。

参考リンク:千疋屋総本店 http://item.rakuten.co.jp/sembikiya/c/0000000110/

ポイント5: 気持ちを受け取り感謝を伝える

ご祝儀は金額に関わらず祝福の気持ちをいただくもの。内祝いの額や内容よりも、感謝の気持ちを相手に伝えるのが大事です。できれば新婚旅行のお土産を持って夫婦揃ってお礼のご挨拶に伺い、遠方なら手紙や電話で一言お礼を述べると、相手に感謝が伝わります。

おわりに

ご祝儀や内祝いの相場は、地域や家族関係によって様々。結婚する相手の出身地が遠方であれば、当地での相場を義家族に聞いてみるのも良いかもしれません。

筆者の結婚相手は祝儀や内祝いの習慣がないアメリカ人だったので、お祝いに対してその半額分のお返しをするという非効率的で不思議な慣習に面食らっていました。ちなみに筆者は名古屋出身です。一例として参考になれば幸いです。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。