1. 料理
    2. 串を焼かない焼き鳥の下ごしらえの方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    串を焼かない焼き鳥の下ごしらえの方法

    焼き鳥はどうしても串を焦がしてしまうことが多いです。そのため、焼かないための工夫が必要です。そこで著者がしている焼き鳥の下ごしらえの方法を紹介します。

    材料(鶏もも肉1枚分・2人分)

    • 鶏もも肉 少々
    • 串 8本
    • ルクエなど蒸し調理器具
    • 味塩こしょう 適宜
    • めんつゆ(2倍濃縮)大さじ2程度
    • 塩 適宜
    今回、塩とたれを作りました。下味は味塩こしょうで、その上からめんつゆ(たれ)、塩をかけています。

    焼き鳥の下ごしらえの方法

    STEP1:鶏肉の準備

    鶏もも肉は1口大に切ります。

    串に刺して、味塩こしょうを振っておきます。

    たれ、塩、両方とも同じです。

    STEP2:しお

    塩をソルトミルで両面にふりかけておきます。

    ソルトミルがなければ、塩をかけておきます。

    STEP3:たれ

    小さじ1のめんつゆをかけておきます。

    後からかけるので、この時は少しの量でいいです。

    STEP4:ルクエで加熱

    ルクエに串を並べ、大さじ1の水を入れて600Wの電子レンジで2分30秒加熱します。

    塩、たれが混ざらないようにキッチンペーパーを敷いています。

    加熱して、火をあらかじめ通しておきます。下ごしらえはこれで完成です。

    STEP5:焼く

    あとはフライパンで焼くだけ!あらかじめルクエで蒸しているので、長時間焼く必要はありません。

    塩は強火で焼きます。たれは焦げやすいので塩よりも弱火の中火でめんつゆをつけながら焼きます。

    完成!

    串が焦げない焼き鳥が完成です。奥が塩、手前がたれです。

    あらかじめ電子レンジでルクエで調理しているので、最後は最終加熱と焼き目をつける目的なので短時間で済み、きれいな焼き鳥ができます。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人