\ フォローしてね /

家庭で簡単に焼き鶏!塩つくねの仕込み方法

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

たまには家庭で焼き鳥も楽しいもの。今回は簡単に作れる塩つくねの下ごしらえの方法についてご紹介します。

材料 (4人分)

  • 鶏ひき肉 200g
  • ねぎ(みじん切り) 大さじ2
  • 卵黄 1個分
  • 片栗粉 大さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • 砂糖 小さじ1
  • 生姜汁 小さじ1
  • 酒 小さじ1

作り方

STEP1:ひき肉を練る

ひき肉に塩と砂糖を入れて、練ります。

指につく脂が白っぽくなるくらいまで、3〜5分、しっかり練るのが最大のコツ。

STEP2:調味料を入れる

残りの材料を全部入れて、均一になるまでよく混ぜます。

鶏胸肉のひき肉を使う場合は、マヨネーズ小さじ1を足すとふんわり仕上がります。

STEP3:成形する

タネを等分し、串につくねをつけていきます。今回は割り箸を使用して、大きめのつくねを作りました。

普通の竹串は細くて成形しにくいです。ご家庭にあれば平串、なければ使用済みの割り箸を利用しましょう。
タネが柔らかい場合は、冷蔵庫で30分くらい寝かせてから成形します。それでも柔らかくて成形しにくいと感じる場合は、パン粉を大さじ1程度タネに混ぜ込んでみてください。
家庭でフライパンを使って焼く場合は、火の通りを均等にふっくら仕上げるために、小判型よりも写真のような棒状に成形するのをオススメします。

焼くときのコツ

フライパンで焼く場合、まずは強火で両表面を焼き付けてから、弱火に落として中までじっくり火を通します。今回は大きめなので、弱火で15分ほど焼きました。

焼き上がりの最後に酒を小さじ1振りかけると、ふっくらツヤツヤに仕上がります。

完成!

お好みでレモンをかけていただく、シンプルな塩つくねの仕込み方でした。塩を半量に減らして、お好みのタレを焼き付けても美味しいですよ。小さく焼けばお弁当にもぴったりです。お試しください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。