\ フォローしてね /

アメリカンポップで学ぶ英語

はじめに

英会話を勉強しようと思ってもなかなか根気もいるし続かないものです。英会話教室は高いし、教材をとってもすぐ挫折、独学もどこから始めてよいかわからない、というのは語学を勉強する人々の多くの共通の悩みです。

何かモーティベーションになる事が常にあると、勉強もはかどるものです。ここではアメリカンロックやポップの好きな皆さんにその趣味を利用してどのように英語を上達させる事ができるか案内させていただきます。

アメリカンポップで英語を上達

アメリカンポップやロックの好きな皆さんはいろいろと憧れのアーティストなどもいて、いつか憧れのアーティストと会話できれば、などと思った事もある事でしょう。きちんとした英語で歌え、アーティストとコミュニケーションできたらまさに目的達成と言えそうです。

耳を慣らせる

語学はまず聞いてわからないと使いようがありません。日本人は母音付きで聞く習性がついているので子音が続く音は難しく感じます。そこでまずはそういう音を聞き分ける練習が必要です。

  • 歌詞を見ながらポップを聞く・・・何を歌っているのか意識しながら目で追ってください。
  • FENなどを常に聞く・・・何を言っているかわからなくても聞き流しているうちにセンテンスのリズムなどに気が付きます。そのうちいつも聞く単語など音声から推測して辞書で調べてみるなどできるようになります。
まずは注意を払いながら聞いて耳を慣れさせる。

歌詞に使われた単語の意味を調べる

歌詞に使われた単語でわからない事があったら辞書で調べましょう。単語の意味を調べたらどこかに書き留めておくのも良いですがセンテンスを訳して書くのは避けましょう。

日本語と英語は文法がかなり違うので日本語に訳すという事は単語の出てくる順序が変わってしまいます。単語の意味は分からなくて訳しても英語は英語のセンテンスで理解するようにしましょう。

Feel like I'm losing control
らしく感じる I'm 失う コントロール

などという注訳は添えても良いですが、

「コントロールを失いそうに感じる」

と書いてしまうと頭の中では日本語のセンテンスで理解しているのでいつまで経っても英語のセンテンスで理解することができません。

歌詞のセンテンスの日本語訳はしない。

一緒に歌ってみる

一番良いのは自分の歌声を録音して、聞き返してみる事です。どの発音がおかしいですか?発音の難しい単語はどうして歌手と違うのか何度も自分で分析してみてください。下記のポイントに気を付けてください。

  • イントネーション・・・強弱のストレスは歌手と同じですか?

  • スピード・・・歌詞を読んで歌うより歌手の歌声の真似をしてください。単語がつながって弱く発音されている所はそのように発音してみましょう。

  • Rの発音・・・Rの発音の苦手な方はそれだけを発音する練習をしましょう。Rain, Rainbow, Railroad などはきちんと発音できますか?Rの音は舌が口の中のどこにもあたらない音です。歯の裏にあたったり、口の上につかないよう発音してください。

Lは舌が歯の裏につく音です。Railroadなどは日本人には難しいですが一度マスターすれば他のRやLのある単語も楽になるでしょう。

自分の歌声を録音して聞き直す。

歌詞を読んでみる

日本人は口を大きく開けてしゃべる習慣がついているのですが、アメリカ人はほとんど口を開けずにしゃべります。歯を閉じたまま歌詞を読む練習をして見ましょう。少しおかしな声になりますがそのままで十分意味の分かる発音が可能です。

それができるようになったらほんの少しだけ歯をあけて歌ったり歌詞を読んだりしましょう。英語の時は口をあまり開けない習慣をつけると発音も上達します。

英語をしゃべる時は口をあまり開けない。

いろんな歌手の曲を歌う

歌手によっては発音があんまりはっきりしない人などもいます。聞き取りやすい歌を練習するようにしましょう。ハスキーな声の歌手は発音がはっきりせず聞き取りにくいことが多いです。

しかし、いろいろな発音、声を聴いて慣れることも大事です。街角で会う人はアナウンサーのようなきちんとした声、発音では話しません。

いろんな発音にも慣れましょう。

スラングには気を付けて

歌の歌詞の場合良く三単現のSが抜けていたり、きちんとした英語でなく発音をスペリングにしたようなもの(「want to」 の代わりに「wanna」 など)や、日常の悪い言葉やスラングが使われている事が多いので、実際に人と会話をする時や文章を書く時にはうっかり変な言葉を使わないように気を付けましょう。

歌詞でよく出てくるのに「ain't」というのがありますが、これは 「aren't」とか 「isn't」と同じ事ですが昔今でもブルース、ジャズを中心に音楽ではたくさん使われています。歌うのは全く構いませんが、文章に書いたり、話したりするのは避けたほうがいいかもしれません。

英語とアメリカンポップを楽しみましょう

なんでも続けるコツは楽しむ事です。スペリングを調べるのが面倒になったらただ聞くモードに変えましょう。いろんな新しい曲が出る度にまた単語の意味を調べたい気持ちになったり、歌ってみたい気持ちになるでしょう。

そういう時を狙ってまた発音練習モードやスペリング探索モードに切り替えてください。ゆっくりでも永続きさせて楽しむことが上達への秘訣です。

音楽と英語を楽しみましょう!

終わりに

お役に立ちましたか?何か一つでも「あっこれならできそう。」というのが見つかって実践されれば幸いです。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。