1. コミュニケーション
    2. 簡単・手早く・安く履歴書を作る方法

    簡単・手早く・安く履歴書を作る方法

    履歴書は就職活動・転職活動において重要な書類です。しかし、何枚も作成しなければならないこともあり、いちいち手書きで書くのは面倒です。

    本記事では、就活で履歴書を作成する手間をかなり削減する方法を紹介いたします。

    履歴書の作成

    OpenOffice WriterやMS Wordを準備する

    PCにMS Wordがインストールされている場合はそれを使っても良いですし、ない場合は無料で使えるOpenOfficeをインストールしましょう。

    OpenOfficeは無料で使えるオフィスソフトで、マイクロソフト社のWordやExcel、PowerPointとほぼ同等の機能を有します。詳細な情報の入手やダウンロードはこちらから行ってください。

    テンプレートを入手する

    OpenOffice WriterでもMS Wordでも、履歴書のテンプレート(ひな形)がネット上に多数存在します。それを利用しましょう。

    いろんなバージョンがありますので、自分の状況に合ったものを選びましょう。

    OpenOffice Writerのテンプレートの例。

    たとえば、TOEICの点数に自信がある方はTOEICの欄があるものを利用する方がアピールになるでしょうし、志望動機をたくさん書きたい方は志望動機欄が大きいものを利用すると良いでしょう。

    また、これらのテンプレートを自分で編集しても良いわけですから、保護者の同意の欄などを消して志望動機の欄を大きくするという手もありです。

    ただし、募集要項に履歴書についての規定がある場合はそれに抵触しないように注意しましょう。

    自分の履歴を入力する

    自分の履歴を入力して履歴書を埋めてゆきましょう。

    すべて入力してしまっても良いですが、たとえば筆者の場合は一番上の氏名欄は自筆で書くようにしています。

    学歴・職歴・資格取得暦などの日付は、西暦か和暦かで統一するようにしましょう。コピー&ペーストで履歴書を作っていると意外と混ざったままになってしまうことがあるので注意しましょう。

    履歴書を電子化する利点・欠点

    なんといっても、同じことを何度も書かなくても良いという点です。面倒ですし、履歴書用紙もただではありません。PCで作って印刷するのもただではありませんが、手間は省けます。

    欠点としては、社風や担当者によっては手書きでない履歴書なんてケシカラン!ということになる場合がありうることです。こればかりは相手を見て判断してゆくしかありません。

    写真を用意する

    履歴書には必ず写真を添付する欄がありますが、この写真もそれなりに費用がかかります。用意する手段をいくつか紹介しますので、費用や手持ちの機器と相談して決めてください。

    写真屋さんに撮ってもらう

    最もいい写真が取れますが、最も費用がかかります。そこで、写真は撮ってもらうけれども、プリントは自分でするという方法があります。

    デジタルデータで写真を管理している写真屋さんにお願いして、写真をデジタルデータでもらいます。撮影費や現像費(に相当するもの)は必要ですが、プリント費用はかかりません。

    自分で写真を撮影する

    最近のデジタルカメラであれば、履歴書に使っても問題ない解像度の写真をとることが出来ます。

    適当な背景の場所を探して誰かに撮影してもらいましょう。

    履歴書に貼り付ける

    写真のデジタルデータが出来たら、それを履歴書に貼り付けます。このとき、デジタルデータそのものを履歴書に貼り付けるか、印刷してから貼り付けるかの2通りあります。

    写真自体を一度印刷する場合は、コンビニのコピー複合機に証明写真印刷の機能がありますので、それを利用すると簡単に印刷できます。

    デジタルデータそのものを履歴書に貼り付ける場合は、履歴書を印刷するときにそれなりに性能の良いカラープリンタでないと見栄えが良くありません。

    参考記事

    証明写真については証明写真を30円で手に入れる方法でも触れられています。この方法が最も安く証明写真を入手できるかもしれません。

    履歴書を印刷する

    履歴書の入力や写真の準備が終わったら、履歴書を印刷します。自宅にプリンタがある場合はそれを使っても良いですが、ある程度見栄えのする用紙に印刷したほうが良いかもしれません。

    自宅にプリンタがない場合は、出来たデータをPDF等に変換してUSBメモリに入れ、コンビニのコピー複合機で印刷します。

    OpenOffice Writerの場合は、下の図のように

    ファイル->PDFとしてエクスポート

    でPDFファイルに変換することが出来ます。

    最終チェック

    最後のチェックです。以下のことを忘れていませんか? PCで履歴書を作ったときに特に注意したほうが良いと思うことを挙げてみました。

    • 氏名を自筆にした場合、それを忘れていないか
    • 押印を忘れていないか
    • 写真を添付し忘れていないか
    • 日付は入力したか
    • 間違えて別の会社向けのものをそのまま印刷してしまっていないか

    等々…。履歴書はだいたいA4またはB4の用紙が2枚になりますから、クリップで留めておくと良いかもしれません。職務経歴書が同封される場合は特にそうしたほうが良いと思います。

    また、万が一バラバラになってしまっても大丈夫なように、それぞれに氏名を書いておくと良いでしょう。

    さいごに

    手間と費用を節約して、就職活動の履歴書を作成する方法を紹介しました。

    経済情勢もあって複数回履歴書を書く方も多いと思われます。節約できる手間や費用は節約しつつ、就職活動をがんばってくださいね。

    このライフレシピを書いた人