1. 趣味
    2. 100円で獲れるUFOキャッチャーの見分け方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    100円で獲れるUFOキャッチャーの見分け方

    はじめに

    UFOキャッチャーをプレイして、気付けばお金がもうない!なんてことも。何度もチャレンジして獲得した景品は嬉しさもひとしおだけど、「やっぱり少ない回数でゲットしたい」と思ったことはありませんか?

    今回はそんな方のために、100円で(つまり一発で)獲れる台の見分け方を説明いたします。

    ゲームセンターは撮影の許可がいただけなかったので、今回はイラストで説明させていただきます。

    一発で獲れる、UFOキャッチャーとは

    1:景品が出っ張っている

    景品が取り口に向かって出っ張っている台はねらい目です。このように、リングがついた景品の場合に多いです。(ちなみに、細長い形であることも多い)

    図の手前が取り口です。

    4つ並んでるうち、色の濃い青いリングのものだけ出っ張っています。この出っ張っている景品の、赤い星印あたりにクレーンのアームを下します。アームに押された景品は、そのまま取り口に落ちてきます。

    リングにアームをくぐらせるより、押し出した方が確実です。

    2:三点でバランスを取っている

    このように、高さのない箱に入っている景品の場合に多いです。

    図の黄色い斜線部分が取り口です。

    灰色の斜線は、土台です。緑色の景品は、右上・左上・左下の三点で土台に接しています。唯一接していない右下の、赤い星印あたりにクレーンのアームを下ろします。右下を押された景品は、右上・左下を支点にしてクルリと回転するように落ちてきます。

    土台に滑り止めなどの加工がしてある場合は、景品を取り口に一度近づけてから角を狙いましょう(図の場合、右方向に景品を寄せる)

    3:「開放台」

    「開放台」とは、いわゆるサービス設定の台です。古い景品や早く無くしたい景品を取ってもらうために、店側が設定を易しくしている台のことを言います。

    「開放台」の特徴は

    • 店の奥側にある

    通路や表といった目立つ場所でなく、少し奥まったところにあります。

    • いろんな景品が同じ台に入っている

    一種類だけでなく、違うキャラクターやメーカーの景品が同じ台に入っています。

    • 古い景品が入っている

    新景品は毎週のように入荷されています。およそ一か月前からある景品の場合、開放台に回されている可能性が高いです。

    おわりに

    獲りやすい台や景品を狙うことで、一発獲りは簡単にできます。ぜひお試しください。ちなみに写真の景品は、実際に一発で獲ったものです。

    (Photo & Illustration by 著者)

    このライフレシピを書いた人