1. 料理
    2. 新鮮でおいしいりんごの見分け方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    新鮮でおいしいりんごの見分け方

    生でそのままでも、砂糖漬けにしても美味しい果物、りんご。サラダに入れても美味しく万能な果物ですよね。今回は新鮮で美味しいりんごの見分け方をお届けします。

    新鮮でおいしいりんごの見分け方

    甘くて美味しそうな香りがする

    りんごのおしりの部分をかいでみてください。よく熟しているものだと甘くておいしそうな香りがします。

    形が整っていてずっしり重い

    形が整った丸いものを選ぶと味が均一で美味しいです。また、ずっしりと重いもののほうが美味しいりんごになります。

    売り場の果物は「押さない・握らない・触らない」1
    おいしさの判断基準には「重み」や「硬さ」などがありますが、売り場の果物はむやみに触ったり押したりはしないのがマナー。ぜひ「見た目」で見分けるコツをマスターしてくださいね。

    傷がなくて色が鮮やか

    傷から傷んでしまうので、傷がないものを選ぶようにしましょう。また、色が鮮やかなものを選ぶようにしましょう。

    おしりが黄色や橙

    おしりを見て青いものと黄色いものがあると思います。黄色いほうが熟していておいしいリンゴと言えます。

    熟していて美味しい、ということは「あしが早い」ということでもあります。早く使うようにしましょう。

    蜜入りりんごを食べたい

    蜜入りりんごは本当に美味しいですよね。こればかりは運な部分もありますが、以下にポイントを書いておきます。

    品種は「(サン)ふじ」

    蜜の入りやすい品種とそうでない品種があります。蜜の入りやすい品種で手に入りやすいものはやはり「ふじ」。蜜入りを手に入れたい時はふじを選ぶようにしましょう。

    おしりが黄色い

    美味しいリンゴとかぶりますが、おしりが黄色いものは蜜が入っている確率も高いです。

    もってみてずっしりと重い

    美味しいリンゴとかぶりますが、重いものほど熟しているといえるのでずっしりと重いものを選ぶと確率も上がります。

    おわりに

    蜜入りりんごは運次第ですが、甘くて美味しいリンゴを買うために試してみてください。

    (image by 足成)

    追記した箇所一覧

    • 12018年09月12日「見分け方のマナー」について追記しました。
    このライフレシピを書いた人