\ フォローしてね /

これでおもてなしもバッチリ!オードブルを素敵に盛り付けるコツ

このライフレシピのもくじたたむ

知り合いやお友達を招いてちょっとした飲み会などを計画する時どんな物を用意すると良いでしょう。

ここではそういったおつまみ的なオードブルでの簡単だけれどアッと驚かれるような素敵な盛り付けのコツをご紹介します。

用意するもの

素敵な盛り付けは素敵なお皿や小道具からはじまります。

別に高級なものでなくてもシンプルなものやいろいろな形のお皿や入れ物があると盛り付けが一層引き立ちます。

お皿

まず素敵な盛り付けの基本となるのは大きめの白いおさらです。

柄つきなどでも良いのですがその場合はのせるものはシンプルでお皿と競わないようにします。色つきでも単色で薄い色なら構いません。

小さなお皿は参加人数の2倍あると便利です。

ナプキン

素敵なナプキンは置いておくだけでテーブルが華やかに見えます。

テーブルに場所がなければ小さな個人別のお小皿のうえに折りたたんでのせたりすると素敵です。

フォークや飾りスティック

それぞれ個人で使えるよう用意しましょう。できれば参加人数の2倍あると便利です。

また大皿から取れるような大きなスプーンやフォークも必要です。

盛り付け

野菜など

サラダなどはドレッシングやディッピングソースを囲んで丸くなるように盛り付けます。

できればドレッシングの小皿に小さなスプーンを入れて置くといちいちディップしなくてもソースを個人のお皿に少しのせられます。

野菜のスティックばかりでなく、ハムをきゅうりに巻いたものなどシンプルで見栄えが良い物ものせましょう。

飾り付きのプラスチックスティックなどで刺すとただの楊枝より素敵に見えます。

揚げ物など

飲み会などでは実際にアルコールを飲まれる前に少しおなかにたまるものを出した方が喜ばれます。

簡単な揚げ物などはレタスの上に載せ、レモン、パセリ、トマトなどで飾ります。赤、黄、緑の三色が揃うと見栄えがします。これも大きなお皿に少しづつ飾るようにのせます。

揚げ物はレタスの上にのせ、赤、黄、緑の三色をそろえる。

果物など

オードブルに果物なんて?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんがおつまみにはいろんな物があいます。

果物は簡単につまめる大きさに切ってお皿に並べます。真ん中が高くなるように、でも山積みのようでなく芸術品でも作るような気持ちで一つ一つを重ねてゆきます。

果物の種類がたくさんあればあるほど素敵に見えますが、数種類でもきれいに盛り付けられます。メロン、サクランボ、オレンジ、イチゴ、ブドウ(いろんな色の)などはこのような盛り付けに最適です。

果物は一口サイズのものを一つ一つ丁寧にお皿に飾る。

ケーキや甘い物

ケーキなども意外とおつまみにあうものです。大きなデコレーションケーキでなく、小さいいろんな一口サイズの物を大きなおさらに飾りましょう。

お皿の真ん中にアクセントで大きなチョコレートを置いたりするのも素敵です。

一口サイズのケーキや甘い物もきれいに並べてオードブルに。

おわりに

おつまみのようなものはいっぺんに出さず、一皿一皿必要に応じて出しましょう。揚げ物、ナッツ、野菜スティックなどは最初に出して、少しずつ減っていったところで果物、ケーキなど運んでくるとよいでしょう。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。