1. 料理
    2. 甘くて美味しいみかんを見分ける方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    甘くて美味しいみかんを見分ける方法

    できればすっぱーいみかんより、甘くて美味しいみかんが食べたいもの。

    そこで今回は甘くて美味しいみかんを見分ける方法をご紹介いたします。

    売り場の果物は「押さない・握らない・触らない」
    おいしさの判断基準には「重み」や「硬さ」などがありますが、売り場の果物はむやみに触ったり押したりはしないのがマナー。ぜひ「見た目」で見分けるコツをマスターしてくださいね。

    甘くて美味しいみかんを見分ける方法

    平べったい形をしている

    全体的にまんまるなみかんよりも平べったい形をしたみかんのほうが美味しい確率が高いです。

    皮が薄くてでこぼこしている

    みかんは皮が薄いほうが美味しいです。また、皮がでこぼことしているものもポイント。キクみかんと呼ばれて甘くて美味しいです。

    皮の色が濃い

    極早生みかんを除いて色が濃いほうが美味しいみかんになります。橙色の美しいみかんを選びましょう。

    ヘタの切り口が小さくて色が薄い

    ヘタの切り口が小さくて色が薄いほど、甘くて美味しいみかんの確率が上がります。

    白いすじをとりたい!

    房についている白いすじは栄養もあるので、栄養面を考えると取らないほうがいいと言われます。しかし、味を考えるととりたい…というときもありますよね。

    • 剥く前にみかんをもみもみする
    • ヘタの方から剥く

    この2つのステップで簡単に白いすじをとることができます。ぜひお試しください。

    おわりに

    甘くて美味しいみかんはとても幸せな気分になりますよね。ぜひ参考にして選んでみてください。

    (image by hilight / PIXTA(ピクスタ))

    このライフレシピを書いた人