\ フォローしてね /

スパークリングワインと相性のいい料理とその選び方

スパークリングワインがあるだけで、その場はとても華やぎますよね。そのためクリスマスや誕生日などには欠かせない存在になってます。

しかし、ワイン雑誌などを見るとなにやら難しい名前の料理にあわせていることが多く、スパークリングワインはどうにも敷居の高いものに感じてしまいます。

今回は日常の気軽な食事に合わせたスパークリングワインを選ぶコツをご紹介いたします。

筆者の主観も入ってますので、合う合わないは自己責任でお願いします。

スパークリングワインって何?

スパークリングワインとは、発泡性のあるワインのことを指します。色は主に白とロゼがありますが、ごくごく稀に赤いスパークリングワインもあります。

またよくシャンパンなどとも言ったりしますが、シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方でしか作られたものしか言わず、それ以外の場所で造られたものはスパークリングワインと言います。

「シャンパン飲もう」とスパークリングワインを出された際に「これシャンパンじゃないよ」と否定しながら知識をひけらかすと嫌な人だと思われますので、その場合は心にとどめて置くのが大人の対応です。

どんな種類のものがあるの?

スパークリングワインといっても作っている国によって呼び名があります。下記に有名なものを挙げてみましたのでご参考ください。

シャンパーニュ(シャンパン)

フランスパリ近郊のシャンパーニュ地方で造られているスパークリングワインです。ぶどう品種や造りかた、呼び方など法律で厳しく定められており、それ以外のスパークリングワインよりも高額で、モエシャンドンやヴーヴクリコ、ドンペリやクリュッグなどがあります。

なお、シャンパーニュ以外のフランスで作られたスパークリングワインはクレマンムスーペティヤンなどがあります。

カヴァ

スペインのカタルーニャ地方で生産されているスパークリングワインです。シャンパンと同じように、瓶内醱酵方式という製法で作られています。美味しい上に安価な商品が多いので、日常にはもってこいなスパークリングワインです。

スプマンテ

イタリアのスパークリングワインです。こちらも安価ですがとても気軽に楽しめるスパークリングワインで、またアスティなどの甘口のものもありますので、女性や初心者にも向いているものが多いです。

他にも、アメリカやドイツ、オーストラリア、日本など世界中で生産されています。

料理に合ったスパークリングワインを選ぶ方法

筆者の意見からすると、スパークリングワインは白ワイン、赤ワイン等と比べると料理に合わせるのはそんなに難しくないと思います。

しかし、シャンパンや熟成したものはどうしても味わいが繊細なので、普段の食事にはカヴァやスプマンテ、その他スパークリングワインなどを選んだ方がベターだと思います。

それらを踏まえてざっくりとご紹介いたします。

天ぷら

天ぷらは気泡を含んでいるため、スパークリングワインにはベストな食材です。こちらには甘さのない、すっきりとしたスパークリングワインがおすすめです。

また味わいが素朴なので、たれやしょうゆなどを使わず塩などで召し上がる場合は、シャンパンと合わせてもGOODです。

同じように柿の種やおせんべいなども気泡を含んでいるのでスパークリングワインに合いますよ。

エビチリなどの中華料理

中華料理などの油っこい料理にも、泡が油を洗い流してくれるので、スパークリングワインはとてもおすすめです。

白もいいですが、チャーミングな香りのロゼスパークリングは特におすすめです。

ホットケーキやクイニーアマンなどの甘さのある軽食

ホットケーキやクイニーアマンなどの甘さのある軽食にはイタリアのアスティスプマンテが一押しです。

優しい甘さと、焼いたパンのような香りがあるので、甘めの軽食にはとてもよく合います。

おわりに

年中楽しめるスパークリングワイン。ぜひ気軽に楽しんでくださいね。

(Photo by 足成

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。