\ フォローしてね /

待たずに釣れる鯉釣りのコツ

鯉釣りのフィールドは、ダム・湖・池・沼・川・河口などありますが、著者が実践している川での鯉釣りを紹介します。

ポイントの選び方

1.川堰(かわせき)を探す

まずは川堰を探しましょう。

2.鯉の姿を探す

川堰の付近または、少し下流に、鯉の姿を確認しましょう。

ポイント選びはこれだけです。 

用意する釣り具

1.釣り具

基本的には、鯉釣り専用のタックルでなくて大丈夫です。

ポイントを選ぶときに、60cmを超えるような鯉が確認できれば、投げ釣り用の竿とリールにした方が安心ですが、バスタックルでも十分対応できると思います。

  • ライン :2号(ナイロンorフロロ)、1号(PE)
  • 釣り針:1円玉ぐらいサイズの針(なんでもOK)
  • おもり :3号~5号の中通し

水面まで高さがある場合は、タモが必要になります。

2.エサは「チーズかまぼこ」

ココがポイントです。エサ作りの手間も省け、残ったら自分で食べれます。

コンビニ,スーパーなどで購入してください。

釣りに行くタイミング

ズバリ、雨上がりです。

川の水嵩が増え流れが強くなることで、鯉の活性が高くなります。普段は広範囲に散っている鯉も川堰付近に集合してくるのです。

狙うポイントと釣り方

狙うポイント

川の中央部は避けて流れが弱くなっているところを狙います。一般的にいう淀みを狙います。(水面がぐるぐる回転しているところ)

分からなければ、流れのある川の側壁付近で大丈夫です。

釣り方

1.エサを針に刺す

「チーズかまぼこ」を2cmぐらいに千切って針に刺します。

なるべく針が隠れるように刺してください。

2.竿が引き込まれるまで待つ

かなり大きなアタリが出ることもありますが、竿が引き込まれるまで待ってからフッキングです。

あとは、鯉とのやり取りをお楽しみください。

おわりに

冗談のような釣り方ですが、何度も数釣りした実績があります。この釣り方の面白さを体感して頂けたら幸いです。

(photo by 写真素材 足成)
(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。