\ フォローしてね /

高金利を狙おう!外国債券の基礎知識

このライフレシピのもくじたたむ

高金利を狙いたい投資家たちに喜ばれている金融商品に「外国債券」というものがあります。

外国債券を運用して高い利回りを確保してみたくありませんか?

ここでは、外国債券の基礎知識についてご説明します。

本記事は、やさしいFXのはじめ方のご協力により、2012年に執筆されたものです。

外国債券とは?

外国債券とは、外国が出している債券のことを言います。

外債(がいさい)と省略されて呼ばれることもあります。

債券とは?

債券とは満期まで持てば元本と金利が保証されている金融商品のことをいいます。

債券の種類

債券には国が出している国債と会社が出している社債などがあります。

2つの債券の一番の違いは金利にあります。

一般的に、会社は国に比べると倒産してしまう可能性が高いので、社債はその分国債よりも金利が高くなっています。

外国債券の特徴

外国債券の特徴は以下のとおりです。

  • 外貨MMFや外貨預金に比べて金利が高い
  • 日本国債よりも金利が高いもが多い
  • 為替差損益が発生する
  • 満期まで保有すると原則として一定の金利収入が得られる
  • 満期前に売る場合、売値は市場の評価額になる
外国債券の最大の特徴は「満期前に売る場合、売値は買ったときの金額ではなく、そのときの市場の評価額になる」ということにあります。

金利が高くとも、為替レートの変動によっては元本割れになることもあります。

おわりに

ここでは、外国債券の基礎知識についてご説明しました。

外国債券を上手に利用し高金利を狙ってみてはいかがでしょうか?

(image by 足成)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。