\ フォローしてね /

売値と買値では値段が違う!スプレッドの基礎知識

FX投資をする上で忘れてはならないのが、スプレッドの存在です。

しかし、意外と知らない人が多いスプレッド。ここでは、スプレッドの基礎知識についてご説明します。

本記事は、やさしいFXのはじめ方のご協力により、2012年に執筆されたものです。

スプレッドとは?

スプレッドとは売値と買値の値段の差額をいいます。

  • 売値のことを「アスク」
  • 買値のことを「ビット」

と呼んだりします。

「スプレッド」は実質的にFX会社に支払う手数料になります。

注意点

FX投資をする上で気をつけたいのは、ドルを買う場合はドルの買い値ではなく、売り値を見るということです。

なぜなら、買い値は「それを向こうがいくらで買い取るか」を表したもので、売り値は「それをこちらがいくらで売るか」を表したものだからです。

単純に「買う」から「買い値」ではないことに注意しましょう。

なぜスプレッドがあるのか

上述しましたが、このスプレッドは実質的にはFXに支払う手数料です。つまり、FX会社に利益につながっています。必ず売り値の方が高く、買い値の方が安くなっています。

個人投資家にとって、このスプレッドはそのまま取引コストになるため、スプレッドが小さい会社を選ぶというのも、FX投資をするための証券会社選びのポイントです。

おわりに

ここでは、スプレッドの基礎知識についてご説明しました。

スプレッドは必ず発生する経費のような存在です。各FX会社をよく比較してみてください。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。