\ フォローしてね /

初心者でも簡単!切り違いキュウリの作り方

このライフレシピのもくじたたむ

きゅうりは、そのまますぐ食べられて便利なので、毎日食べる野菜のひとつです。

ここでは飾り切りの一つの方法として、切り違いのやり方を紹介します。料理のアクセントとして覚えておくと便利です。

用意するもの

  • きゅうり
  • 包丁
  • まな板
  • 菜箸 (誤って下まで切らないようにささえとして使います。)

手順

Step 1

きゅうりは流水で洗って両端を切り落とし、3-4cmの長さに切ります。

Step 2

両端まで切らないようにして、真ん中に縦に一本切り目を入れます。

違う角度から見た写真です。

Step 3

包丁を抜いて、きゅうりの両脇に菜箸を置いて、下まで切らないようにします。きゅうりの上半分に斜めに切り込みを入れます。

Step 4

上半分に切り込みを入れたら、裏に返して同じ向きに斜めに切り込みを入れます。

Step 5

左右にそっと引きます。

こんな感じに切れています。

完成!

思ったより簡単にできます。味噌を添えたり、納豆や梅を刻んでのせても美味しいです。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。