\ フォローしてね /

鮮度が良く美味しい椎茸の見分け方

生椎茸や、椎茸を乾燥させた「干し椎茸」は、様々な料理との相性も良く、よく使われますが、椎茸はどのようなものが美味しいのでしょうか。なぜ、乾燥させるのでしょうか。美味しい椎茸のポイントを、生椎茸と干し椎茸を両方紹介したいと思います。

干し椎茸

保存しやすいように、乾燥させたもの。乾燥させた椎茸には、主に2つのメリットがあります。

椎茸は、よく乾燥させることによって、香りや味の成分が増え、出汁としても使われます。

美味しい時期や産地

生椎茸の国内産地

  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県

干し椎茸の国内産地

  • 静岡県
  • 宮崎県
  • 大分県

特に美味しい時期

  • 春(3月〜5月)と秋(9月〜11月)
春に収穫されるものを「春子」、秋に収穫されるものを「秋子」と呼びます。

美味しい椎茸の3つのポイント

笠は、開ききらず丸みをおびていて肉付きが良いもの。軸は、細いものよりも太いもののほうが良い。

笠の裏側は、鮮度が良いものは白い、鮮度が落ちてくると、色が変わってくるので気をつけて見てください。

湿り気

笠の裏側のひだが、少し湿っているものが良い。裏側だけ乾燥しすぎているものは鮮度の悪い証拠ですので気をつけて見てください。

おわりに

生椎茸と干し椎茸の一番の違いは、食感にあると思います。それ以外は、調理の際のうまみの引き出し方が変わってきますが、両方、非常に様々な料理に、和洋中問わず利用できます。是非、上記の見分け方を参考に、美味しい椎茸を使って料理に生かしてください。

(image by 素材ページ)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。