1. 料理
    2. くるみとレーズンのコラボ「ノアレザン」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    くるみとレーズンのコラボ「ノアレザン」の作り方

    はじめに

    フランスパンでも、レーズン、くるみが入った食べやすいタイプのものを作ってみました。「ノアレザン」は「ノア=くるみ」、「レザン=レーズン」という意味で全粒粉などが入ったりするバージョンもあります。

    クッペよりも大きい200gのサイズで作った「ノアレザン」の作り方を紹介します。

    材料 (2~3人分)

    • 強力粉 200g
    • インスタントドライイースト 小さじ1/2
    • 塩 3g
    • 水 135g
    • くるみ 25g
    • レーズン 50g
    くるみは食塩無添加のものを使っています。ドライイーストはゴールドのものを使っていますが、赤ラベルでもいいです。

    「ノアレザン」の作り方

    STEP1:材料を合わせる

    強力粉、インスタントドライイースト、塩を混ぜ合わせます。

    STEP2:水を入れる

    STEP1に水を入れます。

    STEP3:捏ねる

    ひとかたまりになるまで捏ねて、蓋をして20分室温で置きます。

    最初は粉っぽさが残っていても大丈夫です。

    STEP4:もう一度捏ねる

    20分経過した後、打ち粉をした台の上で捏ねます。小麦粉っぽさがなくなるまで5分程度捏ねます。

    捏ねが終わったら、生地が2倍程度になるまで室温で置いておきます。

    STEP5:冷蔵発酵させる

    生地が2倍くらいになったら、冷蔵庫で発酵させます。空気が触れないように蓋などをし、

    野菜室などスペースが取れるところで3時間以上寝かせます。

    3時間以上、理想は6~12時間程度置いておくと生地がなじんできます。

    STEP6:レーズンとくるみをのせる

    生地ができたらめん棒で伸ばし、レーズンとくるみをのせます。

    STEP7:生地に折りこむ

    3つ折りにして、レーズンとくるみを生地に折りこみます。

    STEP8:成形する

    卵型に成形し、クープを入れます。

    縦に1本クープを入れ、茶こしで強力粉をふって成形は完了です。

    STEP9:焼成する

    オーブンのトレイに水を入れ、オーブンレンジのフランスパンメニューで焼きます。

    東芝のオーブンレンジを使っているのですが、「石窯メニュー」に「フランスパン」モード(230度で24分加熱)があるので予熱段階から焼成します。

    完成!

    予熱から入れておくと、クープがしっかり入ったフランスパンが焼きあがります。

    もっちりしたフランスパン生地で、レーズンとくるみの食感がおいしいパンです。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人