\ フォローしてね /

美味しいブロッコリーの選び方

このライフレシピのもくじたたむ

ブロッコリーはキャベツの一変種で、野菜の中でも栄養が豊富とされています。

秋から冬頃にかけて旬を迎え、その食感は独特です。

ここではそのブロッコリーの選び方について書いていきます。

選び方のポイント

ポイント1: 色を見る

ブロッコリーの表面の色が少し紫がかったものが、日光のよい感じに当たって育った証拠で、こういったものは普通のものよりも甘みがあり、より美味しいものとされています。

逆に黄色く変色しているものは鮮度が落ちているものです。

ポイント2: つぼみの詰まり具合を見る

ブロッコリーのつぼみの部分は、小さく密集しているものが良いです。

ポイント3: 茎の内部を確認する

茎を包丁などで切って、その内部に空洞があれば鮮度が落ちていることが分かります。

おわりに

選び方のポイント1で紫がかったものが良いとされていますが、これは加熱をすれば鮮明な緑になるため、料理で色が気になる場合でも特に気にする必要性は出てきません。

保存はポリ袋に入れて保存し、茎を下にして冷蔵庫の野菜室に保存するのが良いです。

塩を少量入れた熱湯にさっとゆでてから自然に熱をさまし、その後容器などに密封しておくと冷蔵庫で4日程度、冷凍庫で1ヶ月程度持ちます。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。