\ フォローしてね /

てこの原理!レバレッジの基礎知識

株式投資(信用取引)でも出てきますが、FX投資においては必ず知っておきたい「レバレッジ」。投資に関わる書籍やニュースでよく目にするかと思いますが、正確な意味とどんな効果をもたらすものかご存じでしょうか。

ここでは、「レバレッジ」の基礎知識についてご説明します。

FX投資におけるレバレッジについてご説明します。
本記事は、やさしいFXのはじめ方のご協力により、2012年に執筆されたものです。

レバレッジとは?

レバレッジとは簡単に言うと「てこの原理」です。

レバレッジをかけることで、少ない金額で大きな取引を行うことができるようになります。上図のように、レバレッジ25倍であれば、「証拠金4万円で、100万円の取引をする」ということが可能なのです。

利益も損失も増える

例えば手元に10万円しかなくても10倍のレバレッジをかけることで、100万円の取引ができるようになります。

もちろんそこから得られる利益も10倍になります。

利益だけでなく損失も10倍になるので注意してください。
現在レバレッジの上限は25倍までとなっています。

おわりに

ここでは、レバレッジの基礎知識についてご説明しました。

レバレッジは、少額投資でも利益を最大化する一方、損失も最大化してしまうおそれがあります。

安定した運用を目的をするなら3倍程度のレバレッジがいいともいわれています。レバレッジをうまく活用して投資効果を高めてみましょう。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。