\ フォローしてね /

玉ねぎのみじん切りのやり方

このライフレシピのもくじたたむ

色んな料理に使えるため、使用頻度も多い玉ねぎ。切り方は色々ありますが、なかでも面倒なのがみじん切りですよね。

何も考えずやみくもに切ると、あちこちに飛び散ったり、大きさが均一にならなかったり…特に玉ねぎは構造上切りにくいので、適当にやると時間がかかってしまいます。

今回は、包丁に自信のない方でも要領よくできる、基本的な玉ねぎのみじん切りの仕方をご紹介します。

涙が出ないようにするには、あらかじめ玉ねぎを冷蔵庫で1時間くらい冷やしておくと良いです。切ったときに目や鼻を刺激する成分が抑えられます。

用意するもの

  • 玉ねぎ
  • 包丁
  • まな板

やり方

STEP1:縦半分に切る

皮付きのまま縦半分に切ります。ポイントは根元の部分もちゃんと半分になるように切ること。

STEP2:皮をむいて両端を落とす

皮をむいた後、まず頭の部分を切り落とします。

次に上の画像のように根元の部分だけを少し切り落とします。肝心なのはここで根元を完全に切り落としてしまわないこと。

落とすと玉ねぎがバラバラになって、切りにくくなります。

STEP3:縦に切り込みを入れる

頭から根元に向かって縦に細く切り込みを入れていきます。

ポイントは根元部分を1cmほど残しておくこと。包丁の先から斜めに切るような感じで切るのがコツです。

切り込みの間隔はみじん切りの大きさによりますが、あまり細くするとやりにくくなります。

両側の端の部分は、少し包丁を寝かせて斜めに切りましょう。

STEP4:横向きに切れ目を入れる

包丁を寝かせて、頭から根元に向かって横向きに2、3ヶ所切れ目を入れます。このときも根元は少し残すようにします。

STEP5:上から細かく切っていく

あとは上からざくざくと細かく切っていきます。根元が繋がっているので、切りやすいはずです。

STEP6:残りの部分を切る

最後に残った部分を縦横に切ります。

STEP7:全体を細かく切る(さらに細かく切りたい場合)

左手で包丁の先をおさえて手元を動かしながら切ると、さらに細かいみじん切りができます。

STEP8:出来上がり!

これで玉ねぎ半分量のみじん切りが完成です。

半分使うことが前提のやり方なので、少量だけ必要な場合は余った分は冷凍しておけばいいですね。

色々な場面で出番の多いみじん切り、このやり方なら時短にもなりますね。参考にしてみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。