1. 趣味
    2. JINSが教える!ずり落ちない自分に合ったメガネの選び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    JINSが教える!ずり落ちない自分に合ったメガネの選び方

    メガネがずり落ちてストレスを感じたことはありませんか?

    この記事では、自分に合ったずり落ちないメガネの選び方を説明します。

    説明の内容は動画でご覧いただくこともできます。

    本記事は、JINSのご協力により、2012年に執筆されたものです。

    ズレにくいメガネを選ぶポイント

    ポイント1:軽いメガネを選ぶ

    メガネが重いほど、ずり落ちやすくストレスを感じてしまいます。まずは、負担の少ない軽いメガネを選びましょう。

    ポイント2:全体の重さのバランスが良いメガネを選ぶ

    レンズの重さに比べて、テンプル(耳にかかる部分)の重さがしっかりしていないと、全体のバランスが悪いので前に下がりやすくなってしまいます。

    ただ軽いメガネを選ぶのではなく、全体の重さのバランスが良いメガネを選びましょう。

    ポイント3:しっかりと耳にかかるメガネを選ぶ

    耳にかかるテンプルの面積の大きさで、かかり具合が変わってきます。テンプルが耳の後ろにしっかりあたるメガネを選びましょう。

    耳へのかかり具合はお店で調整ができます。気になる場合は、一旦お店で相談してみましょう。

    ポイント4:顔の幅に合わせる

    正面から見たときに顔の中で最も横に出っ張っている部分の幅に、メガネの幅を合わせましょう。一般的には、ほお骨やそのすこし後ろの部分が一番出ている場合が多いです。

    一番出っ張っている部分の幅に合わせると、きつすぎず緩すぎないメガネを選ぶことができます。

    ポイント5:鼻パッドを調整する

    鼻パッドのあるメガネは、パッドの位置を調整することができます。鼻パッドの位置をずり落ちないポイントに調整してもらいましょう。

    調整はJINS店舗や購入した店舗でしてもらってください。
    鼻パッドのないタイプのメガネは調整ができません。他の4つのポイントを参考にして、ずり落ちないメガネを選びましょう。

    おわりに

    ずり落ちない、自分に合ったメガネの選び方を説明しました。メガネを選ぶ際はそれぞれのポイントをチェックしてみてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ