1. 趣味
    2. 友達と初めてのクラブを楽しむ方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    友達と初めてのクラブを楽しむ方法

    「ぶっちゃけ、クラブって怖い…」「クラブってオシャレな子しか人権ないんじゃないか」「クラブって何すんの??」など初めて行くには緊張する場所かもしれません。

    今回は、クラブ初心者同士でもクラブを楽しめる、初めて友達とクラブを楽しむ方法をレシピします。

    クラブに入る前の注意点

    • 身分確認されるので免許証や保険証を持っておきましょう。
    • 飲食物持ち込み禁止で荷物チェックされ、見つかったら没収されるので(しっかりカバンの中身を見られます)予め飲食物は持たないようにしましょう。
    • ほとんど立ちっぱなしなので、長時間耐えられる靴でいきましょう。
    • 床がこぼれた飲み物などでベタベタしており、時々足を踏まれるので、汚れても良い靴で行きましょう。

    予算(全て相場なので、クラブによって変わります)

    • 入場料 2000~3000円
    • ドリンク代 1000円で2チケット
    結構のどが渇くので、グラス系よりビンのお酒を買って長持ちさせると節約できます。

    ポイントその1 お酒に酔ってしまおう!

    とにかくクラブでは乗れないとキツイです。もっとも、クラブ慣れして音楽を楽しめれば良いという自分ワールドの人もいますが、初心者には難しいと思います。

    かといって、しらふで初めて行くと、「何この振り子運動?!ノリがわからない…」というハードルにぶつかります。しかし、お酒に酔ってさえいれば、わからなくても適当にノレてしまうのです。

    クラブに入る前に缶ビール一気するなど、先にアルコールを飲んでおくとよいです(クラブ内の飲み物は高いですし)

    ポイントその2 勝手がわからなくなったらとにかくホールに引篭もる

    だいたいクラブ内は顔見知り(クラブ仲間)同士がグループで盛り上がっていたりして、一人でうろついても気後れするだけなので、なれないうちはホールにいたほうが楽です。

    ホール内では

    • 一人でひっそり音楽を聞き入っている人の近くにいるとプレッシャーを感じません。
    • 肩を動かし、頭を上下うなずくようなソフトな感じで音楽に乗ってしまえば浮いてる気もしません。
    • とにかくDJを見つめましょう。
    音楽に聞き入ってしまえば自然と自分の世界に入れます。ジムで有酸素運動をしているような気持ちで。

    ポイントその3 恥など存在しない場所です!

    とにかく、初心者のハードルは「恥ずかしさ」にあります。ポイント1・2では気後れ対策を示しましたが、いつまでも気後れ対策の姿勢でいるとクラブを楽しめる日は来ません。

    クラブ慣れするには「恥などここにはない!」と割り切ることです。

    実際、何やってもOKな場所ですし、変な踊りをしてしまっても、ちょっと地味な格好をしてきてしまってもNGな雰囲気になりません。

    知らない人だからといって慣れ慣れしくしてはいけないこともないですし(むしろ出会いの場)、勝手に円陣に入り込んでハイタッチしても誰も「君だれ?」みたいな態度はとりません。むしろウェルカムな雰囲気です。

    そういうのが苦手な人は、壁側でしっとりお酒でも飲みながら音楽を楽しむのもOKです。

    恐れず楽しむ!

    ナンパさえも歓迎される雰囲気です。(成功するか否かは保証しませんが)「セクハラ!」とか「何こいつ」みたいな態度をとられない、人に優しい場所です。

    初めてクラブに行く人、特に全員初心者の場合は、渋谷の『asia』がお勧めです。
    首都圏以外にお住まいの場合は、先にネットで予習しておきましょう。演目がPOPSであれば、大体は初心者でも楽しめるクラブですので、雰囲気というより、演目で決めると失敗しないでしょう。

    おわりに

    最後に、クラブにはどんな人がいるのか紹介します。これを知ることで、自分の適性パターンを予測でき、より安心して参加いただけるかと思います。

    ホール派

    • とにかくホールで踊って跳ねて絡むアクティブ系
    • 酒と音楽を嗜む一匹狼系

    カウンター派

    • ドリンクカウンターで音楽を楽しみながら酒を嗜む大人系
    • ナンパや仲間つくりに勤しむカンパニー系

    廊下派

    • とりあえず休憩系
    • ナンパ成功の上ネッキングしたい系

    では、ぜひ楽しいクラブタイムを!!クラブに行くとスカッとしますよ。

    〔photo by http://asia.iflyer.jp/venue/photo_gallery/?pageNo=5)〕

    このライフレシピを書いた人