\ フォローしてね /

運動会で写真撮影するときのベストポジションと構図

年に1度の運動会。我が子のベストな表情を残したいものですが、マンモス校ともなると場所取りも大変です。

特に、徒競走ではどこの位置を陣取るか悩みますね。主に直線を走る低学年。コーナーカーブが入る高学年。

ここでは、「徒競走」「リレー」を撮影する時のベストポジションや構図について紹介します。

事前に、子どもの立ち位置・走る向き・〇番目・〇コースなど調べておきましょう。

撮影ポジション

走る前

スタート前の写真を1枚撮っておきましょう。後の撮影に失敗して「写真が何もない!」という最悪な状況を防げます。

他の子が走っているときに試し撮影をして練習しておくのもよいでしょう。

コーナーカーブ

接戦の場合、最も臨場感のある写真が撮影できます。

応援団の表情も写るような構図にすると、この瞬間の雰囲気が伝わってて良い写真になりますよ。

ただし前後に人がおらず、独走状態の場合は少々寂しい感じになってしまいますので注意です。

ゴール真横

接戦で順位があやふやな場合、写真判定に使えるかも?「〇〇くんとどのくらいの差だったか」がわかりやすくなります。

このアングルでは表情が写せないのでゴールする前(中盤)も撮影しておきましょう。

ゴール真正面

スタートからゴールまで、カメラの向きを移動せずに済むので初心者向きです。我が子が1位になりそうな場合はおすすめのポジションです。ゴール瞬間、バンザイするように伝えておきましょう!

最初は小さく写りますがトリミングで加工すれば良いでしょう。

失敗しがちなポイント

手前にいる応援団が映り込んでしまう失敗があります。応援団の邪魔にもならないよう、別の場所に移動するようにしましょう。

究極技

学校の広報役員になって、運動会を担当する!

役員の特権を利用するのも手です。最も近いポジションで、誰の邪魔もされず堂々と撮影できます。応援する人々も写っていて、見返すと何倍も楽しいものができます。

トラックの中を悠々と移動することも可能です。

もちろん、お仕事用の広報用写真も責任を持って撮影しなければなりませんよ。

おわりに

紹介した構図やポジションを参考に、思い出に残る写真をとってあげましょう。

カメラを構えながらも、熱い応援は忘れずにしましょうね!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。