\ フォローしてね /

きれいに収納するための靴下のたたみ方

靴下は毎日使うものだからこそ数も多く、使う人によって長さや大きさがまちまちです。

きれいに収納しているつもりが、好みのものを選ぶうちに引き出しの中で、並びもばらばらになりがちで、欲しいときにすぐに出てこないのはストレスですよね。

ここでは、そんな靴下をきれいに収納できるたたみ方と収納方法を紹介します。

靴下以外も綺麗に収納しよう!タンスの収納・片付けハウツーはコチラをチェック!
タンスの収納・片付けのハウツー

用意するもの

  • 靴下・・・くるぶし丈でもOK

やり方~たたみ方~

STEP1

靴下を、履いているような感じで、平たく広げます。

STEP2

かかと部分が内側になるように、重ねます。

STEP3

つま先を3分の1ほど残して、履き口側からつま先に向かって折ります。

くるぶし丈は少し折りたたみにくいですが、かかと部分で折るとたたみやすいです。

STEP4

残ったつま先部分を、上になっている履き口へ入れ込みます。かさばる靴下も、この方法ならコンパクトになります。

くるぶし丈のように短いものは、縦向きにすると履き口の長い靴下と同じくらいのサイズになるので、この形で引き出しへ直します。

収納方法

このたたみ方でたたむと、靴下の長さに影響されないので、仕切りなどがなくても、きれいに並べることができます。

引き出しに直しても柄がきちんと見え、大きさもくるぶし丈のものはコロンと丸い形なので、忙しい朝も簡単に選ぶことが出来ます。

おわりに

このたたみ方をさらに簡単にするには、干す際にSTEP1で紹介した広げ方で干すとたたむときがより簡単です。

簡単に収納できる干し方やたたみ方を少し工夫するだけで、ストレスなくきれいに収納できますよ。

(image by amanaimages)
(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。