\ フォローしてね /

ワンランク上の資産運用!外貨預金の基礎知識

世間一般ではお金を預けるとき、日本円で預けている人が多いと思います。

ところが、外国の通貨で預金すると日本円で預金するより多くの利息を得られることがあります。

ここではその外貨預金の基礎知識についてご説明します。

外貨預金は必ず利益が出る運用商品ではありません。場合によっては損をすることもあります。
本記事は、じぶん銀行のご協力により、2012年に執筆されたものです。

外貨預金とは?

外貨預金とは、外国通貨で預入れる預金のことをいいます。

取引の内容は日本円を外国通貨に交換して預入れる取引と、外国通貨を日本円に交換して払戻す取引があります。

「外国通貨」とは米ドルだけでなく日本以外の各国の通貨全般をいいます。

外貨レート

日本円と外国通貨を交換するにあたっては、その時々の為替レートに応じて交換できる金額が異なります。

「為替レート」は世界の経済状況に応じて刻々と変化します。

具体的には「1米ドル=99円50銭」などと表示されています。

これは、日本円99円50銭で、1米ドルと交換できることを表しています。

金融機関が示す為替レートには、金融機関が受取る為替手数料(手間賃)も含まれていることがあります。この場合の為替レートは同じ時点でも預入れる場合と、払戻しする場合では同レートにはなりません。

外貨預金で利益が出るとき、損をするとき

外貨預金で利益が出るとき

外貨預金で利益が出るのは、預けたときのレートに比べて払戻すときのレートが上がったときです。

払戻すときのレートが上がることを「円安」と言います。

ここでは時間の経過による利息については省略しています。

外貨預金で損をするとき

外貨預金で損をするのは預けたときのレートに比べて払戻すときのレートが下がったときです。

払戻すときのレートが下がることを「円高」といいます。

ここでは、時間の経過による利息については省略しています。

おわりに

ここでは、外貨預金の基礎知識についてご説明しました。

外貨預金を活用して、今までよりワンランク上の資産運用をしてみましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。