\ フォローしてね /

「鎌倉検定」合格者が、鎌倉住まいをおすすめる5つの理由

このライフレシピのもくじたたむ

「鎌倉」に至るまで

鎌倉を愛して10年以上。ご当地検定の「鎌倉検定」にも合格しました。筆者は鎌倉出身ではありません。引っ越し経験は7回。いろいろな土地で生活してきましたが、今は「鎌倉が一番住みよい場所」だと感じています。

若いうちは、都心の便利な街に住みたいと思うもの。でも電車や車がビュンビュン通るそばに住んで、洗濯物(布団)を干すのは気が引けませんか。

結婚して一生住むとしたら、便利な都心よりも、落ち着いた郊外。筆者が選んだのは鎌倉。「終(つい)の棲家(すみか)」として、筆者が「鎌倉」を勧めるポイントを紹介します。

2012年記事作成時の情報です。

JR「鎌倉駅」と「大船駅」の紹介

「鎌倉」といっても、JR線の駅で言うと、「鎌倉駅」と「大船駅」が最寄り駅となります。「江の島」は藤沢市ですが、鎌倉市に隣接する市なのですぐ近くです。

居住歴

筆者は「鎌倉」にかれこれ10年以上、住んでいます。今は、仕事の関係で北関東に住んでいますが、近いうちに鎌倉に戻りたいと思っています。

オススメポイント

ポイント1 「海」

「休みの日にどこに行こうか?」迷ったら、「海!」。海でのんびり過ごすと、日ごろの仕事でたまったストレスを発散させることができます。車で10~15分で海に行かれます。楽しみ方は人それぞれ。年代によっても過ごし方は変わっていくはずです。江の島水族館も近いですよ!

  • 10代:稲村ケ崎でサーフィン。(稲村ジェーン?)
  • 20代:由比ヶ浜(ゆいがはま)で海水浴。(楽しんだら、家でシャワー。)
  • 30代:鵠沼(くげぬま)では、ビーチバレー
  • 40代:江の島をバックに愛犬との散歩
  • 50代:腰越(こしごえ)で海を見ながら「シラス丼」ランチ。(カレーなら「珊瑚礁」)
  • 60代:エボシ岩ごしに沈む夕日を写真撮影
海のそばで過ごす人生は、あなたの人生を「豊かに」します。

ポイント2 「大船、仲通り商店会」

JR「大船駅」のすぐ近くにある「仲通り商店会」は有名です。東京の「アメ横」を小さくしたようなイメージです。お肉や野菜、そしてお刺身の値段がとにかく安い。ここを知ってしまうと、ふつうのスーパーの商品が割高に感じてしまいます。

「大船、仲通り商店会」は、歩いて行ける家計にやさしい激安市場

ポイント3 「100以上の寺社」

「古都、鎌倉」と言えば、寺社が有名。100以上あるので、「1週間に1神社」のペースで寺社巡りをして、自身のブログを更新してはいかがでしょうか。一般的に有名なお寺は、

  • 「建長寺(けんちょうじ)」
  • 「円覚寺(えんがくじ)」
  • 「鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)」 

でしょか。筆者のお勧めは、

  • 1:「長谷寺(はせでら)」
  • 2:「覚園寺(かくおんじ)」
  • 3:「明月院(めいげついん)」(別名「あじさい寺」)

です。

寺社巡りは、仏像崇拝だけでなく、季節ごとの花を愛でることができます。

ポイント4 「津波にも強い、高台が多い」

海が近いと、津波の心配があるかもしれません。鎌倉の電柱には、「海抜5m」などといった標識が付いています。筆者の近所は海抜15メートルなので、とりあえず自宅が流される心配はないと思って安心して暮らしています。

ポイント5 「治安がよく、老後も過ごしやすい」

鎌倉は、比較的犯罪が少なく、治安がよいと言えます。介護施設が多く、老後はなにかと安心かと思います。

おわりに

「住めば都」と言いますが、永く住むにはオススメの街なので、是非とも検討してみてください。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。