\ フォローしてね /

古田敦也が教える!打てるポイントを広げるティーバッティングのコツ(動画あり)

ティーバッティングとは、固定された棒(ティー)の上に置かれたボールを打つ練習です。静止したボールを打つので、打つポイントをあらかじめ決めて打つことができます。

今回は、打撃ポイントを広げるためのティーバッティングのコツを説明します。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

ポイントを変えて打つ

体に近づけたり、打ちやすいポイントより後ろに下げたり動かしてみましょう。その際、自分が苦手なポイントほど、通常通りに打てるよう意識しましょう。

いろんなポイントを練習することで、自分が対応できるポイントが広がります。あらゆるコースに対応できるようになりましょう。

実践を見すえた練習を

わざといつもと違うポイントでティーバッティングを行うことにより、実践への対応ができるような練習をしましょう。

ピッチャーはタイミングを外すために投げており、自分の思ったところよりも違うポイントで打たざるをえないことが多いのが実践です。実践では気持ちよく打てることは非常に少ないのです。

ファールで逃げる

また、自分の得意なポイントでない位置の球に当てられるようになることで、ファールで逃げ切ることもできるようになります。

苦手な球はファールで粘り、得意な球が来るまで逃げ切る技術にもなるのです。

おわりに

打撃ポイントを広げるためのティーバッティングのコツを説明しました。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。