\ フォローしてね /

フレンチプレスを使ったコーヒーの淹れ方

このライフレシピのもくじたたむ

コーヒーの淹れ方は様々ですが、今回は筆者がいちばんおいしいと薦めるフレンチプレスの方法を紹介します。

必要なもの

必要なものはフレンチプレス用の器具です。上記の写真のようなガラスのビーカーでできているものです。

できれば豆ひきがあるといいです。コーヒー豆は挽いたとたんに風味が消え始めますので挽きたてのコーヒー豆が使用できると最適です。もしない場合は既に挽いた豆を使います。

  • フレンチプレス用の器具
  • 豆ひきとコーヒー豆、あるいは既に挽いた豆
  • やかん
  • コーヒーカップ
  • 砂糖、ミルクなど普段じぶんがコーヒーに入れるもの

作り方

STEP1:コーヒー豆を挽く

コーヒー豆を挽きます。フレンチプレスの場合は荒めに挽きましょう。すでに引いた豆を買う場合もできれば荒めに挽かれたものを購入してください。

コーヒー豆は荒めに挽きましょう。あまり細かく挽くとプレスする時にも大変です。

STEP2:挽いた豆を入れる

フレンチプレス器具のビーカーの部分に挽いた豆を入れます。

STEP3:お湯を入れる

やかんで水を沸騰させます。やかんのお湯はフレンチプレス機器のビーカーの中に静かに入れましょう。残ったお湯は少量コーヒーカップに入れ、カップを温めます。お湯をカップの中でくるくると回してカップ全体が温かくなるようにします。

それが終わったらカップのお湯は捨ててください。

STEP4:コーヒー豆とお湯を混ぜる

ビーカーの中を静かにかき回し、コーヒー豆と熱いお湯がよく混ざるようにします。その後約1分ぐらいそのまま静かに置いておきます。

STEP5:蓋を閉める

フレンチプレスの蓋を閉め、ゆっくりと上から押し付けます。

上から押すときは注意してください。熱湯ですのでうっかりとはねたりすると大やけどをします。筆者はこれで二度腕にかなりのやけどを負ったことがあります。

STEP6:カップにコーヒーを注いで完成!

コーヒーカップの中にコーヒーを注ぎます。フィルターを通さないため、コーヒーの油分や風味が入ったコクのある味です。ぜひお楽しみください。

使い終わったコーヒー豆は庭の土に混ぜましょう。肥料のかわりとして庭の草花に良い影響を与えます。

おわりに

フレンチプレスはフィルターを通さないため、コーヒー豆の風味がよく出て最もおいしいコーヒーの飲み方です。コーヒー豆とお湯が長く浸かっているとだんだん苦味が出ますので、ちょうど良いところで他のポットに移すのも良いでしょう。

Twitterで紹介!

おいしいコーヒーを飲みたいなら、他のnanapiレシピもチェック!

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。