\ フォローしてね /

実際に触ってみるのが一番!ヨガマットの種類と選び方

はじめに

ヨガマットは多くのメーカーから沢山の種類のものが販売されています。その中からお気に入りの一枚を選ぶ際に注意したいチェックポイントを、筆者の経験からご紹介します。

ヨガマット選びのポイント

ポイント1: 厚さ

ヨガマットは一般的には2ミリから12ミリ位のものが売られていますので、用途に合わせて選びましょう。スタジオに持って行ったりヨガリトリート(合宿)に参加したり、持ち運ぶ機会が多いならば軽くてかさばらない薄手のものの方が適していますし、自宅でヨガを楽しむのならば厚手の物の方が足への負担が軽くなります。

一枚のマットで自宅使いも持ち運びもカバーするのでしたら、4ミリから6ミリの物がお勧めです。

ポイント2: 素材

ヨガマットの素材には、ポリ塩化ビニル、天然ゴム、コルクなどがあります。それぞれ触り心地や匂いが異なりますので、実際に触ってみて好みの物を選ぶとよいでしょう。

素材によって扱い方も少々変わります。売り場の人に聞いたりして、利便性の良いものを選びましょう。

筆者が使っている天然ゴム製のマットは、アルコールが入った除菌スプレーを使うと硬くなってしまう特徴があります。

ポイント3: 見た目

ヨガマットはヨガをしている間中視界に入るものですから、外観もとても重要です。

好みの色や柄のマットでヨガをすれば心地よさも倍増します。心が落ち着くネイチャーカラーのものや、見ているだけで元気になれそうなビビッドカラーのもの、レアですがキティちゃん柄のものなど沢山の色柄の物がありますから、気に入ったデザインのものを購入しましょう。

懐具合や保管場所に余裕があれば、何種類かのマットを揃えて気分によって使い分けるのも楽しいです。

ポイント4: ポーズをとった時の感触

ヨガマットを使用した時の感触もマットによって様々です。同じ厚さ、素材のマットでも、製品によって使用感が大きく異なる場合があります。気になるマットがあったら、実際にそのマットの上でいくつかポーズをとてみましょう。

骨格の個人差によっても使い心地のいいマットと悪いマットがあります。

ポイント5:その他のこだわりポイント

  • ポーズが取りやすいように目安の線が入っている
  • 丸洗いが出来る
  • 捨てた後土に帰るので環境に優しい
  • 丸めずに畳んで持ち運べる

など、珍しい特徴を持ったヨガマットもあります。自分のこだわりに合わせて選んでみるのも良いと思います。

おわりに

ヨガマットは実際に触ってみて購入することを強くお勧めします。お目当てのマットに触れる機会がなかなか無い場合は、ヨガフェスタなどのイベントの出店ブースで試乗してみたり、スタジオでそのマットを使っている人に頼んでちょっと触らせてもらったりするなど、可能な限り実物を確認することが後悔しないマット選びのコツです。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。