\ フォローしてね /

古田敦也が教える!正面から投げるトスバッティングの練習方法(動画あり)

トスバッティングとは、近くから投げられた(トスされた)ボールを打ち返す打撃練習です。

この記事では、一般的なトスバッティングだけでなく、正面から投げるトスバッティングの練習方法を説明します。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

トスバッティングの考え方

トスバッティングでは、ボールの上げ方によってバッターの見る視点やポイントを変えながら打つ練習をしましょう。あらゆる方向から投げることで、打てるポイントを広げることができます。

しっかりボールを見るのがコツ
トスバッティングでは、体がタイミングを覚えてしまい、タイミングだけで打つようになってしまいがちです。しっかりボールを見て、打つポイントを意識しましょう。

一般的なトスバッティング

一般的なトスバッティングでは、斜め前からボールを投げて打ち返します。トスバッティングの感覚を掴みましょう。

正面から投げる

次に、バッターの体の向きを変えて正面から投げるトスバッティングです。トスする人を正面に置くことで、打撃する方向を一ニ塁方向にします。

ランナーが一塁にいるときは、一ニ塁間にスペースが出来ると言われています。一二塁間に打つ練習は、実践でも非常に役に立ちます。

インコースの球を引っ張る

はじめに、インコースの球を引っ張る練習です。インコースに投げられた球を引っ張って打ちましょう。

アウトコースの球を引っ張る

ランナーが一塁にいる時、ピッチャーは左バッターに対して、一ニ塁間に打たせない様に、アウトコースに球を投げてきます。そのため、アウトコースの球も引っ張って打てる技術を身に付けましょう。

アウトコースの球を、踏み込んで打つ意識をしましょう。打つポイントを前にすることで、引っ張って打つことができます。

おわりに

このように、体の向きを変えるだけで想定されるシチュエーションが変わってきます。実践を意識した練習を心がけましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。