\ フォローしてね /

紅茶とティーカップの相性

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

紅茶と一口に言っても実はいろいろな種類があります。それぞれの種類やいただく機会に応じていろいろなティーカップが使われます。ここではそういった紅茶とティーカップの相性についてお話します。

紅茶とティーカップ

ハイティー

イギリスなど旅行された方はホテルなどでハイティー(High Tea)などを楽しまれた方もあるかもしれません。

イギリスやその他の国では午後に紅茶、サンドイッチ、スコーンや小さいケーキなどを楽しむ習慣があります。主にホテルなどのレストランで予約したりして休日や特別な日は生の演奏と共に紅茶やシャンペンを楽しむのは優雅なものです。

紅茶の種類はいろいろ選べるのですが一人分のポットと上記のような大きなティーカップが運ばれてきます。ちょっとお椀のようですが、午後のひと時を楽しむにはちょっとしゃれたカップです。

大きなカップは素敵な雰囲気を楽しむのに最適です。

中東の紅茶

中東では紅茶は頻繁に飲まれます。ダージリンやアールグレイとその他の葉の混ざったものでレモンやライムの乾燥した種のはいっている物もあります。味は少し濃いめですが風味があってとてもおいしいです。

時にはものすごく濃い紅茶の他にお湯だけのポットもあって、自分で加減して混ぜる事もあります。このような紅茶は小さいガラスやクリスタルのティーカップを使って飲まれます。

風味の強い濃い紅茶は小さな透明カップで。

フレーバー付きの紅茶

紅茶にもお花や果物のフレーバーの付いているものもあります。イチゴ、オレンジやいろんなものがミックスしたものはお客様に出しても話のタネにもなり楽しいものです。こういった紅茶はボーンチャイナの薄焼きのティーカップで楽しみましょう。

フレーバー付きの紅茶はボーンチャイナで。

オレンジペコなど大衆に好まれる紅茶

ふだん見かける紅茶はなにに入れてもおいしいですが、ボーンチャイナのマグカップなどで飲むとおいしいです。

レモンを入れる方は少し入れて味が付いたらティーカップから出すようにしましょう。レモンが長く入っていると紅茶の味が悪くなります。

普段よく飲む紅茶はお気に入りのマグカップで。

ミルクティー

ミルクの入ったミルクティーを飲まれる方は大きなマグカップをお勧めします。ふちの厚ぼったいカップは紅茶の暖かさを長く保ちます。また、ハイティー用の大きなカップもミルクティーに合うでしょう。

おわりに

紅茶はいろんな種類があり、いろんな機会に楽しまれます。紅茶の種類だけでなく、いろいろなティーカップを試してみる事により、楽しみも倍増する事と思います。試されてみてください。

photo by 著者

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。