\ フォローしてね /

古田敦也が教える!背後から投げるトスバッティングの練習方法(動画あり)

変化球が得意なピッチャーは、バッターの手元で鋭く変化する球を投げてきます。変化球に反応するには、しっかりと球を引きつけて打つ技術が必要です。

この記事では、変化球に強くなるトスバッティングの練習方法を説明します。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

こんな選手におすすめ

  • 体が前に突っ込んでしまう
  • 変化球が苦手
  • 球を引きつけて打ちたい

動画で学ぶ

背後から投げる

通常のトスバッティングとは逆の斜め方向(バッターの背中側)からトスを上げてみましょう。

バッターの背後からのトスは、自分のポイントまで見てスイングしないと上手く打てません。

そのため背後からのトスバッティングは、自分のポイントに来る前に体が動くのを矯正し、ボールの変化を見極めてから打つ練習になるのです。しっかり球を引きつけて打つ意識をしましょう。

キャッチャー方向から投げる

背後からのトスバッティングをより高度にしたのが、キャッチャー方向からのトスバッティングです。

画像では、ネット(網)の方向にボールを打ちます。

バッターの後ろ(キャッチャー側)からトスを上げ、バッティングを行います。構えの後ろからくるボールは、自分のポイントでしかきちんと打つことができません。

そのため、背後からのトスバッティング以上に、打てるポイントまでしっかり待って打つ練習となります。ボールを見られるようになると、変化球も見極めて打てるようになります。

おわりに

背後とキャッチャー側から投げるトスバッティングを説明しました。これらのトスバッティングを練習し、球を見極める技術を身につけてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。