\ フォローしてね /

古田敦也が教える!バットが身体の一部になる?ペッパーの練習方法(動画あり)

このライフレシピのもくじたたむ

あらゆるコースの球を打てるというのは、バッターに必要な素質です。どのような球にも手を出せるようになるため、「ペッパー」という練習をしましょう。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

ペッパーとは

ペッパーとは、ピッチャーと二人組になって行うバッティングの練習です。ピッチャーに軽くボールを投げてもらい、それをピッチャーに向かって打ち返します。

インコースやアウトコースにもボールが行くので、いかにバットをコントロールしてピッチャーに返すかがポイントです。

打ちやすく・キャッチしやすいボールにする
バットコントロールの練習なので、ピッチャーは速い球を投げる必要はありません。バッターも、ピッチャーがキャッチしやすい強さでボールを返しましょう。

バットを身体の一部にする

練習を重ねると、ボールに対して自然とバットが出るようになってきます。バットコントロールを上達させ、バットが自分の身体の一部になる感覚を掴みましょう。

おわりに

ペッパーを練習していると、反射的にボールにバットが出るようになってきます。あらゆるコースの球を打つ感覚を体で覚えましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。