\ フォローしてね /

古田敦也が教える!ペッパー上達のポイント(動画あり)

このライフレシピのもくじたたむ

あらゆる球に対応するための練習「ペッパー」で、上達するためのポイントを説明します。

単純な練習ですが、非常に効果のある練習なので、しっかりと身に付けましょう。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

ペッパーのポイント

オープンスタンス

ペッパーはバットコントロールを鍛える練習です。そのため、ボールが見やすく、バットの操作がしやすいオープンスタンスで構えるとよいでしょう。

肘の使い方を意識する

肘の使い方に意識してバッティングをしましょう。インコースとアウトコースで同じ肘の使い方をしていると、同じ方向に返しづらいです。

インコースでは肘を抜いて、アウトコースでは肘を伸ばす意識をしましょう。

おわりに

ペッパー上達のためのポイントを説明しました。ペッパーの練習を重ね、バットコントロールを上達させましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。