\ フォローしてね /

古田敦也が教える!飛距離を伸ばす肘を張ったスイング方法(動画あり)

このライフレシピのもくじたたむ

ヒットを打ちやすいレベルスイングで打球を遠くに飛ばすには、何を意識したらよいのでしょうか。

今回は、ヒットを打つだけでなく飛距離も伸ばすために、肘の使い方について説明します。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

肘を張るスイング

レベルスイングに力を乗せるには、ミートの瞬間に前の腕を張るように意識しましょう。多くのプロ野球選手は、スイングの際に腕を張っています。

バットは少し短めに持つ
腕を張ることでインコースが打てなくなるようであれば、少しバットを短く持ってみましょう。

前の腕を張ってレベルスイングをする練習をすることで、腕を含め身体が良いスイングの軌道を覚えます。良い軌道で打つことが出来れば、ヒットが打てるようになるだけでなく飛距離も伸びます。

おわりに

レベルスイングに力を加える肘の使い方を説明しました。体全体を上手く使って、打撃のレベルを上げましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。