\ フォローしてね /

手軽で簡単!バス車中で盛り上がるゲーム

バス車中で盛り上がる簡単ゲーム!

仲間とワイワイ!バス車内が楽しく盛り上がるゲームを2つ紹介します。

いろいろな物を用意する必要がないので、手軽で誰にでもできて飽きないゲームです。

準備するもの

  • 紙(メモ用紙程度でOK・名前と時刻を書くだけなので小さくて構いません)
  • 筆記用具
  • ストップウォッチまたはその機能がある時計

何時何分?到着時刻当てゲーム

このゲームはシンプルにバスの到着時刻を当てるゲームです。

観光地や休憩場所などバスの目的地への到着時刻を予想し、紙に書いて提出していただきます。バスが目的地に到着した時刻をピッタリ予想した人が勝ちとなります。

STEP1

メンバーに紙と筆記用具を配ります。

STEP2

バスの次の停車地(目的地)に到着する時刻を予想し書いてもらいます。

STEP3

そこまでの距離とか、渋滞情報とかちょっとしたヒントを出します。

STEP4

時刻と名前を書いた紙を回収します。

STEP5

バスが目的地に到着したらバスガイドさんや運転手さんに「到着しました!」と宣言してもらいます。

勝敗の決定方法

その時間を書いた方が勝ち、ピタリ賞がいない場合には前後で最も近い時刻を書いた人をニヤピン賞とし表彰します。

以上のように非常にシンプルかつ簡単なゲームで誰でも参加できます。間もなく到着という所で渋滞や信号待ちなど予想しない障害?につかまると、バス車内がざわつきはじめ「歓声」・「怒号」・「悲鳴」が飛び交います。

バスが動いているときは席から離れないようにしましょう
CHECK:ちょっとした賞品を用意するとさらに盛り上がります
CHECK:基準となる時計はバス前方にある時計とし、到着の宣言はバスガイドさんなど第三者にお願いしましょう

何台通った?対向車線車の台数当てゲーム

このゲームは、高速道路で対向車線をすれ違う車の台数を当てるゲームです。

高速道路で一定時間内に対向車線を走ってすれ違う車の台数を予想し、紙に書いて提出します。台数をピッタリ当てた方が勝ちです。

STEP1

メンバーに紙と筆記用具を配ります。

STEP2

一定時間内(1分とか2分など短い時間のほうが良い)に対向車線をすれ違う車の台数を予想し紙に書いて提出してもらいます。

STEP3

カウントし始める時刻を宣言し、その時間となったらカウントを始めます。

STEP4

決めた時間が経過したらカウントを終えます。

勝敗の決定方法

すれ違った車の台数をピッタリ当てた方が勝ちです。ピタリ賞がいない場合には前後で最も近い台数を書いた人がニヤピン賞となります。

これだけでも十分楽しめますが、ちょっと工夫するとさらに盛り上がります。

例えばトラックがすれちがったらカウントを0にして再度1からカウントし直します。その直後にタイムオーバーとなれば正解は「0」ですので大穴狙いの解答がでるかもしれません。

また例えば赤い車がすれ違ったらその瞬間にゲームオーバー。時間が何分残っていてもその段階での車の台数が正解となります。これも一発ねらいの答えが期待できます。

熱中するあまりバスが動いている時に立って前を覗き込む方がいますので注意しましょう

高速道路ではシートベルトの着用が義務付けられています
CHECK:カウントが大変なので、あまり交通量の多くない高速道路でやるのが適しています
一般道では信号待ちをしている間にタイムオーバーなんてことにもなりかねないので適していません

おわりに

以上2つのゲームを紹介しましたが、両方とも準備もほとんどいらず簡単にできるゲームですので、是非旅行の際には試してみて下さい。

(photo by 著者atomu)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。