\ フォローしてね /

古田敦也が教える!アウトステップのバッティングのポイント(動画あり)

このライフレシピのもくじたたむ

野球はバッターボックスに立ち、打つタイミングでステップを踏んでバッティングをします。では、どのようなステップがあって、それぞれどんな特徴があるのでしょう。

今回は、アウトステップのバッティングについて説明します。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

アウトステップとは

アウトステップとは、前の足をホームベースから一歩離すステップです。インパクトの瞬間にはオープンスタンスの位置に足が移動します。

右バッターの場合、三塁方向に前足をステップします。

アウトステップのコツ

アウトステップは、前足に重心がかかってしまうと上手く打てません。アウトステップはベースから離れるステップなので、体重を前足にかけると身体ごとベースから離れてしまうのです。

アウトステップを成功させるコツは、全体重を後ろにかけることです。体重を後ろにかけることで、身体や軸をベースに近いままバッティングすることができます。

ステップは前に出しつつ、体重は後ろの足に残しておくのがポイントです。

おわりに

アウトステップのバッティングのポイントを説明しました。体重移動を意識して、強い打球を打てるようになりましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。