1. 料理
    2. 料理のアクセントに!長期冷凍保存可能な「葉もの野菜の塩漬け」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    料理のアクセントに!長期冷凍保存可能な「葉もの野菜の塩漬け」の作り方

    家庭菜園で余った葉もの野菜を使用し、塩蔵葉もの野菜を作る方法を紹介します。

    完成した料理に、簡単に野菜のうま味と塩味を足したい時に便利ですし、彩りとして緑色を足したい時にも重宝します。

    春の七草やフキノトウで作ると、春野菜の香りと旨味を閉じ込めることができます。

    用意するもの

    • 細かく切れそうな葉もの野菜…握りコブシ2つ分位
    • 塩…大さじ2~3杯
    • 粉からし…小さじ1杯
    粉からしは無くても良いですが、あると美味しいです。
    おすすめの野菜:にんじんの葉・葉ねぎ・ニラ・キクナ・三つ葉・ブロッコリー・春の七草・フキノトウ

    作り方

    STEP1:野菜を洗浄し乾かす

    握り拳2つ分くらいの葉もの野菜を洗い、細かな汚れを落とします。

    そして水気を振るか、かるく拭き取ったのち扇風機にて10分程度、風乾します。

    家庭菜園からの収穫物の場合は、指などでハジきながら収穫すると、小さな虫や砂などが混ざらなくて良いです。
    水気が有りすぎると、ベタベタし続けるので注意 !

    STEP2:細断し風乾する

    少し水滴が残ってる位になったら、ボールの中で滅菌したキッチンハサミを使い細かく切ります。風乾も続けます。

    切り終わったら、塩大さじ2~3杯と、あれば粉カラシを小さじ1杯加えて混ぜます。

    キッチンバサミは、ガスレンジの炎で滅菌しましょう。

    STEP3:オーブンレンジで加熱

    筆者のオーブンレンジだと、100℃で30分くらい加熱しました。

    軽く表面を塩粒がコーティングする位の、半生状態で完成です。

    カラカラになるまで乾燥させたらハーブソルトとなります。

    半生ならば調理時間も短くて済み、歯触りも良いです。

    STEP4:保存方法

    いくら塩分濃度が高く、カラシ粉を使ってるとはいえ用心は必要です。使用後は冷凍庫にて保管します。凍ってカチカチに固まったりせずに柔らかいままです。

    保存期間は、使用後すぐに冷凍庫に入れるならば1年程度は持つでしょうが、なるべく早く使いましょう。

    冷凍保存した方が無難です。

    どんな料理に合うのか ?

    塩系の魚介パスタに特によく合います。

    シソ系のハーブ香草でスッとする味に加工した場合は、卵料理やトマト料理、肉の臭み消しとしても良く合います。

    紫蘇シソ系のハーブなら肉の臭み消しになります。

    おわりに

    家庭菜園で葉もの野菜を収穫した場合、中途半端な量が採れたり余ったりして処理に困る事がありますが、そんな時にも便利な方法です。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人