\ フォローしてね /

粉ふるいが無くても大丈夫!後片付けも楽チンな代用品

ケーキやパンなど小麦粉などの粉類を使うレシピで「粉ふるい」を使いますが、実は粉ふるいが無くても意外なもので代用できます。

粉をふるう=空気を含ませること

粉をふるうことで空気を含ませ食感を軽くしたり膨らみを良くしたりするのが目的です。

空気を含ませるといえば…?

そう、クリームや卵白に空気を含ませるには泡立て器で泡立てますね。

粉類も同じで泡立て器で撹拌することで空気を含ませることが出来るのです。なので、粉ふるいの代用として泡立て器を使うことが出来ます。

使い方

シャカシャカと全体に粉の塊が無くなり、粒子が均一になるまでかきまわすだけ。

粉ふるいを使ったのとそう変わらない感じになります。粉ふるいを使うと意外とまわりに粉が飛び散ったりしますが泡立て器だとその心配も無用。

さっとふけばそのまま調理に使えますし、洗うのも簡単です

おわりに

著者はお菓子作りやパン作りが好きで愛用の便利な専用粉ふるい器を持っていたのですが、ある時壊れてしまい、そんな時に友人が教えてくれてから我が家ではずっと定番に。

飾りつけに粉砂糖をふったりする時には小さな茶漉しを使いますが、混ぜ込み用の材料をふるう時にはボウルからボウルへ移さずに、ワンボウルですむので手間も洗い物も減って楽チンです。

ぜひ試してみてくださいね!

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。