\ フォローしてね /

ゴールデンウィークの基礎知識

GW/ゴールデンウィークは4月下旬~5月上旬にある大型の連休です。

ここでは、知っているようで知らないゴールデンウィークの基礎知識を紹介します。

ゴールデンウィークとは

4つの国民の休日が近接している事により、大型の連休が発生します。その連休をGW/ゴールデンウィークといいます。

  • 昭和の日(4/29)
  • 憲法記念日(5/3)
  • みどりの日(5/4)
  • こどもの日(5/5)

が含まれます。

この国民の祝日と土日、有給などをうまく連続させると、1週間~10日程度の休みをとることが可能になります。

ゴールデンウィークは旅行や帰省等、長距離の移動が激しくなるため交通が大変混雑します。
以前は休日がうまくつながらないと「飛び石連休」と言われていましたが、1985年の祝日法の改正で5月4日が休日になりゴールデンウィークには必ず3連休が保証されたため、あまりこの呼ばれ方はされなくなりました。

由来

由来は2つあるといわれていますが、どちらもはっきりとした確証は得られていません。

「映画界造語説」

1951年に現在のゴールデンウィークにあたる期間に上映された映画「自由学校」が、正月やお盆時期よりヒットしました。

そのことをきっかけに、より多くの人に映画を見てもらおうということで4月下旬~5月上旬の大型連休をさすために造られた言葉が「ゴールデンウィーク」だと言われています。

「ゴールデンタイム説」

4月下旬~5月上旬の大型連休の期間が最もラジオの聴取率の高い時間帯だったため「黄金週間」といわれていました。

さらにインパクトを持たせるために「ゴールデンウィーク」という名称を用いたと言われています。

世界の休日事情

中国

中国にも日本のゴールデンウィークに似た名称の大型連休があり、「黄金周」と呼ばれています。

中国の黄金周は年に2回設定されています。

  • 旧正月からの1週間
  • 10月1日からの1週間

三日間の法定休日と振替休日、土日を連続させて7連休にしているそうです。

欧州

ヨーロッパ諸国の祝日(夏休みを含む)は年間で約10日程度しかありませんが有給休暇は4~5週間もあります。さらにヨーロッパでは有給をとることが当たり前で、病気や怪我以外にもプライベートの用事でも有給が使えるため、有給は年内ですべて消費されます。

人によって好きなタイミングで休みをとることが可能なため、渋滞なども起きにくいそうです。

おわりに

休みをうまくつなげて、ゴールデンウィークを充実させたいですね。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。