1. 料理
    2. 新鮮で美味しいマッシュルームの見分け方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    新鮮で美味しいマッシュルームの見分け方

    シチューやグラタン、パスタなど洋食に欠かせないキノコといえばマッシュルーム。見た目も風味も特徴的で、お料理をぐんと引き立てますよね。

    今回は新鮮で美味しいマッシュルームの見分け方をご紹介します。

    新鮮で美味しいマッシュルームの見分け方

    コロンと丸く、かさがしっかり閉じている

    コロンと丸く、かさがしっかり閉じていて裏のひだが見えないものが新鮮です。マッシュルームは日が経つにつれてかさが開いていき、裏のひだが見えるようになっていきます。

    なお、ホワイトマッシュルームのひだが黒いことがありますが、これは日数が経つにつれて段々と色が変化してきたものです。傷んでいないかチェックして、加熱をして食べてください。

    傷がない

    マッシュルームは繊細です。押されたり傷がつくと色が変わるので見てわかると思います。なるべく押された痕や傷がないものを選ぶようにしましょう。

    張りがある

    表面がピンとしていて張りがあるものを選ぶようにしましょう。

    マッシュルームの種類

    マッシュルームには2つの種類があります。

    ホワイトマッシュルーム

    香りも風味も豊かですが、強すぎないため、例えばホワイトシチューなどの少し味がうすいものにも馴染みやすいです。

    サラダにするならこちらがオススメです。

    ブラックマッシュルーム

    香りも風味も強めです。しっかりとした味のお料理に使うのがオススメです。例えばビーフシチューなどは、こちらを使うとより豊かな味になります。

    おわりに

    いかがでしたか。マッシュルームはお料理に合わせて種類を選ぶことも大切です。

    新鮮なマッシュルームを使って、より一層料理を美味しくしましょう。

    (photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人