\ フォローしてね /

寒さ対策!寒い日に着物を着る際の2つのポイント

はじめに

寒い時期に着物を着る機会があるとき、気になるのが寒さ対策ですよね。特に1日中着ている場合など悩むことがあると思います。

寒がりな著者が実践して良かった、『寒い日に着物を着る際の2つのポイント』をご紹介します。

寒い日に着物を着る際の2つのポイント

ポイント1: 薄手の冬用キャミソールを着る

着物は何枚も重ね着しますが、それでも冬の場合は結構寒く感じることがあります。特に室内だけではなく外がある場合には注意が必要です。

そんな時には薄手の冬用キャミソールを着ることをオススメします。この1枚があるかないかで寒さ対策は大きく異なります。

ポイント2: 膝上の冬用薄手スパッツを履く

実は着物を着ていて一番寒いのが足元です。本当に寒い日で外にいる時間が長い場合は、膝上くらいまでの薄手の冬用スパッツを履くことをオススメします。

薄手のものであれば、着崩れにさほど問題はありませんでした

丈が長いと見えてしまう場合がありますので注意しましょう

ポイント3: 薄手の冬用5本指ソックスを履く

これは寒い日に着物で外にいる時間が長い場合にオススメの方法です。足袋では冬場は足先がとても冷えます。そのため、薄手の冬用5本指ソックスを履いた上に足袋を履けば、とても暖かく過ごすことが出来ます。

違和感なく過ごせたので寒がりの方にはオススメの方法です

少し大きめの足袋を用意しておく必要がありますのでご注意ください

おわりに

寒い日に着物を着るのはちょっと億劫に感じてしまう場合もあるかと思いますが、ちょっとした工夫で寒さを忘れて着物を楽しむことが出来ます。

是非、寒さ対策を万全にして素敵な着物姿を楽しんでください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。