1. 暮らし
    2. これで簡単!牛乳パックを使った、ベビー用品の収納法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    これで簡単!牛乳パックを使った、ベビー用品の収納法

    ベビー服やベビー用品は小さいだけに、とても収納が難しいです。筆者がやっていた収納方法を、書いていきたいと思います。

    必要なもの

    牛乳パック・セロハンテープ・はさみ

    この収納方法は、以前知人から教えてもらったものです。

    具体的なやり方

    STEP1

    きれいに洗って乾かした牛乳パックを切っていきます。

    STEP2

    牛乳パックの底面に、ナナメに切り込みをいれます。

    STEP3

    切り終わると、こんな形になります。

    押し広げます。

    STEP4

    裏返したところをセロハンテープなどでとめます。今回は、わかりやすいように、ガムテープでとめました。どこをとめるのかわかりにくい場合は、STEP5の写真をご覧ください。

    ホッチキスなどでとめることはおすすめしません。針が外れる可能性もあるためです。

    STEP5

    表に返すと、下の写真のようになります。

    STEP6

    これをいくつか作り、引き出しの中に入れます。

    STEP7

    畳んだベビー服を入れます。

    どんな畳み方でも大丈夫です。ベビー服の幅と牛乳パックの幅は同じぐらいなので、とても収納しやすいです。

    STEP8

    小物を入れる場合は、二枚重ねたりします。

    STEP9

    ベビー服と小物などを入れると、このようになります。

    物ごとの収納のコツ

    ベビー服

    ベビー服の場合は、上のやり方で収納できると思います。引き出しごとに、冬物、夏物、下着など分けておくと、わかりやすいです。

    小物

    小物はたくさんあるので散らばりやすいです。出来るだけ小さな箱などにまとめるようにしましょう。上記のように牛乳パックでしきった上で、ジャムの空き瓶などを入れられても、綺麗に収納できるかと思います。

    おわりに

    牛乳パックが使用不可などの場合は、果汁ジュースなどのパックで代用してください。また、綺麗な布などを貼れば、可愛いらしくなって育児もより楽しくなることと思います。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人