\ フォローしてね /

お菓子用生クリーム・クリームの使い分け方

スーパーや食品店の「クリーム」の売り場で、いくつか並んでいるクリームのパックを見て悩んだことはありませんか?「クリーム」の種類の違いを解説します。

生クリーム(フレッシュクリーム)とは

牛乳から作られる動物性のクリームです。食品表示は「クリーム」です。

生クリームの用途

乳脂肪分45%前後のものは、ロールケーキ・デコレーションケーキなど、お菓子全般に使われます。

乳脂肪分35%前後のものは、ムース・レアチーズケーキなど、軽い口当たりのものや料理用(クリームパスタ等)です。あまり日持ちしません。

乳脂肪分30%以下のものはコーヒー・料理用です。

植物性のクリームとは

ホイップクリームと呼ばれることが多いです。乳脂肪のかわりに、植物性脂肪(ヤシ油・パーム油・なたね油など)で作られています。動物性の生クリームに比べ、軽くさっぱりとした風味が特徴です。乳化剤、香料、安定剤などを使用しています。

動物性のクリームより安価で、消費期限も長いです。

植物性のクリームの用途

ホイップ力が弱いので、乳脂肪分35%前後のクリームと同様、ムース・レアチーズケーキや料理(クリームパスタなど)などに合っています。

コンパウンドクリームとは

動物性と植物性が合わさったものです。味わいも2種類のクリームの中間です。風味は香料で補われています。業務用のものが多いです。

コンパウンドクリームの用途

しっかりとホイップできるので、ロールケーキ、デコレーションケーキなどお菓子全般に使うことができます。

もし、クリーム類が余ったら

使いかけのものは冷蔵庫で保存し、3日以内に使い切りましょう。使い切れない場合は、泡立てて絞り出し袋に入れたまま冷凍しておくと、解凍するだけで使え、ムダもなく便利です。

おわりに

いろいろな種類のクリームを、用途別に賢く使い分けましょう!

(image by FLAT DESIGN::手書きのフリー素材、かわいいイラスト&ベクター素材のサイト)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。